コト

南大隅町 廃校で地元の植物使った化粧品づくり

今回は17の目標のうち、8番目「働きがいも経済成長も」・11番目「住み続けられるまちづくりを」・12番目「つくる責任つかう責任」の3つについて考えます。
鹿児島県南大隅町の廃校となった小学校で、地元の植物を使って化粧品を作る取り組みを取材しました。

なお、「ボタニカルファクトリー」の商品は、百貨店など全国およそ50店舗で販売されていて、鹿児島県内では山形屋やマルヤガーデンズなどで購入できます。

関連記事

  1. 薩摩川内市がSDGs・カーボンニュートラル宣言 薩摩川内市がSDGs・カーボンニュートラル宣言
  2. 「ものを大切に」上履きから学ぶ
  3. 新しい福祉の形 障害者がアートで発信
  4. 海の豊かさを守ろう 大和村・ビーチクリーン
  5. 川内川でつながる
  6. 規格外のジャガイモを粘土に再利用
  7. ふるさと命の森をつくる
  8. SDGsで注目!有機農業の今

SDGsとは?

SDGs

SDGsとは、Sustainable Development Goals”の略で「持続可能な開発目標」と訳されるものです。
2015年の国連サミットで採択されたSDGsは、国際社会が2030年までに達成すべき17の目標と169のターゲットが掲げられています。
2030年まであと10年となった2020年、「行動の10年」として取り組みの拡大が求められています。

SDGs:参考
国連広報センター 

SDGメディア・コンパクトに加盟しています

株式会社 南日本放送(本社:鹿児島市、代表取締役社長:中野寿康)はSDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)推進のため、2020年12月、国連の「SDGメディア・コンパクト」に加盟しました。

PAGE TOP