コト

SDGs達成に向けた企業の取り組みを表彰

企業のSDGsの取り組みを応援しようと、鹿児島相互信用金庫がこのほど、「そうしんSDGsアワード」を開きました。

「そうしんSDGsアワード」は、国連が掲げる持続可能な開発目標=SDGsに取り組む取引先の企業を応援しようと鹿児島相互信用金庫が開いたものです。
今回、県内の8社が出場し、SDGs達成に向けた経営や取り組みなどを発表しました。

SDGsの視点が事業に活用されているかや、他社のモデルとなるような幅広く展開可能な取り組みであるかなどの基準で審査され、最高賞の大賞には霧島市で物産館の運営などを行っている「無垢」が選ばれました。物産館とレストランを活用した「地元食材が地元で消費される仕組みづくり」や「生ごみから堆肥を作り生産者へ還元される循環づくり」などが評価されました。

(無垢 古川理沙社長)「(受賞は)今後もこの形でSDGsの取り組みを続けていけばいいという自信になった。小さなことを積み重ねて心がけていくことがすごく大事。今後もみんなと協力していろんな取り組みをしていきたい」

表彰式ではこのほか、特別賞や優秀賞を受賞した3組も出席し表彰状と賞金の目録が授与されました。

関連記事

  1. 家庭ごみ どう減らす?
  2. 栄養士目指す短大生 食に関するSDGs考える
  3. 環境に優しい燃料電池自動車 普及の現状と課題
  4. 屋久島の取り組み
  5. SDGsで注目!有機農業の今
  6. 高校生がSDGs考えるフォーラム 高校生がSDGs考えるフォーラム
  7. ふるさと命の森をつくる
  8. 「海の豊かさを守ろう」プラスチックごみ削減へ マイボトル後押し

SDGsとは?

SDGs

SDGsとは、Sustainable Development Goals”の略で「持続可能な開発目標」と訳されるものです。
2015年の国連サミットで採択されたSDGsは、国際社会が2030年までに達成すべき17の目標と169のターゲットが掲げられています。
2030年まであと10年となった2020年、「行動の10年」として取り組みの拡大が求められています。

SDGs:参考
国連広報センター 

SDGメディア・コンパクトに加盟しています

株式会社 南日本放送(本社:鹿児島市、代表取締役社長:中野寿康)はSDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)推進のため、2020年12月、国連の「SDGメディア・コンパクト」に加盟しました。

PAGE TOP