コト

高校生がSDGs考えるフォーラム

持続可能な社会を目指す国連が定めた=SDGsについて、鹿児島県内の高校生が考えるフォーラムが開かれました。

MBCニュースより

鹿児島市で今月6日に開かれた「鹿児島ユースフォーラム」は、女性の活躍推進などを目指す国際ソロプチミスト鹿児島が主催し、県内の高校生に社会の多様性などの課題に目を向けてもらおうと、2年に1度開催しています。ことしは新型コロナ対策で初のオンライン開催となりました。

今年のテーマは、国連が定めた17項目の持続可能な開発目標=SDGsです。
フォーラムではこれまで女子高校生の参加が中心でしたが、SDGsの5番目の目標ジェンダー平等の観点から、今回は5人の男子高校生も含む県内の高校生22人が参加しました。高校生は気候変動の専門家などと話し合いながら、世界の環境問題などについての理解を深めました。

(国際ソロプチミスト鹿児島 上薗智子会長)「ゲストのみなさまの話を自分の心に留めて、また未来に向かって進んでいただければありがたいなと思っております」

参加した高校生の中から選ばれた3人は今後、九州支部のフォーラムにも参加するということです。

関連記事

  1. 地域で取り組む 日置市の生ごみリサイクル
  2. ごみを減らそう 「古紙」をリサイクル 分別どうすれば?
  3. お得にCO2削減 環境家計簿
  4. 「海の豊かさを守ろう」プラスチックごみ削減へ マイボトル後押し
  5. 廃食油でバスが走る! 種子島でめざす「循環型社会」
  6. JA鹿児島県大会 持続可能な農業とくらしを目指す
  7. フードロスを減らせ!酒造会社挑戦
  8. 「リサイクル率日本一」大崎町でSDGs推進を 協議会が活動報告

SDGsとは?

SDGs

SDGsとは、Sustainable Development Goals”の略で「持続可能な開発目標」と訳されるものです。
2015年の国連サミットで採択されたSDGsは、国際社会が2030年までに達成すべき17の目標と169のターゲットが掲げられています。
2030年まであと10年となった2020年、「行動の10年」として取り組みの拡大が求められています。

SDGs:参考
国連広報センター 

SDGメディア・コンパクトに加盟しています

株式会社 南日本放送(本社:鹿児島市、代表取締役社長:中野寿康)はSDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)推進のため、2020年12月、国連の「SDGメディア・コンパクト」に加盟しました。

PAGE TOP