コト

「ものを大切に」上履きから学ぶ

国連が掲げた持続可能な開発目標=SDGs、今回は17項目のうち12番目の「つくる責任つかう責任」について考えます。
夏休み中の子どもたちに、一度は使われなくなったものをリユース=再利用することについて考えてもらおうというイベントが鹿児島市で開かれました。その考えるきっかけに使われたのが、毎日学校で履いている上履きです。

関連記事

  1. 地域で取り組む 日置市の生ごみリサイクル
  2. 屋久島の取り組み
  3. 役目を終えたランドセルを海外へSDGs達成の取り組み
  4. 大崎町 自治体別ごみリサイクル率で再び日本一 大崎町 自治体別ごみリサイクル率で再び日本一
  5. 南大隅町 廃校で地元の植物使った化粧品づくり
  6. 新しい福祉の形 障害者がアートで発信
  7. 高校生がSDGs考えるフォーラム 高校生がSDGs考えるフォーラム
  8. 阿久根 駆除ウニ活用へ

SDGsとは?

SDGs

SDGsとは、Sustainable Development Goals”の略で「持続可能な開発目標」と訳されるものです。
2015年の国連サミットで採択されたSDGsは、国際社会が2030年までに達成すべき17の目標と169のターゲットが掲げられています。
2030年まであと10年となった2020年、「行動の10年」として取り組みの拡大が求められています。

SDGs:参考
国連広報センター 

SDGメディア・コンパクトに加盟しています

株式会社 南日本放送(本社:鹿児島市、代表取締役社長:中野寿康)はSDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)推進のため、2020年12月、国連の「SDGメディア・コンパクト」に加盟しました。

PAGE TOP