コト

地域で取り組む 日置市の生ごみリサイクル

MBCでは5月30日まで国連が定めた持続可能な開発目標、SDGsについて考える「SDGsWEEK」としてさまざな番組で特集をお送りしています。

今回も5月30日の「ごみゼロの日」を前に、12番目の目標「つくる責任 つかう責任」について考えます。生ごみを資源に変えようという鹿児島県日置市の地域一丸となった取り組みについて取材しました。

関連記事

  1. 大崎町 自治体別ごみリサイクル率で再び日本一 大崎町 自治体別ごみリサイクル率で再び日本一
  2. 家庭ごみ どう減らす?
  3. 屋久島のウミガメと人の関わり
  4. ふるさと命の森をつくる
  5. 阿久根 駆除ウニ活用へ
  6. 鹿児島女子短期大学でSDGs推進の大崎町が講話
  7. 「海の豊かさを守ろう」プラスチックごみ削減へ マイボトル後押し
  8. フードロスを減らせ!酒造会社挑戦

SDGsとは?

SDGs

SDGsとは、Sustainable Development Goals”の略で「持続可能な開発目標」と訳されるものです。
2015年の国連サミットで採択されたSDGsは、国際社会が2030年までに達成すべき17の目標と169のターゲットが掲げられています。
2030年まであと10年となった2020年、「行動の10年」として取り組みの拡大が求められています。

SDGs:参考
国連広報センター 

SDGメディア・コンパクトに加盟しています

株式会社 南日本放送(本社:鹿児島市、代表取締役社長:中野寿康)はSDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)推進のため、2020年12月、国連の「SDGメディア・コンパクト」に加盟しました。

PAGE TOP