コト

川内川でつながる

「みんなでかごしまSDGs」は、よりよい未来のために、国連が定めた目標=SDGsについて、いま身近でできることを一緒に考えてみようという取り組みです。ニューズナウでは、鹿児島県内のSDGsの取り組みを紹介しています。

今回は、17項目の中の11番「住み続けられるまちづくりを」、そして15番「陸の豊かさも守ろう」です。
鹿児島県内最大の1級河川・川内川に着目し、交流人口を増やし、自然の豊かさを感じてもらおうと奮闘する薩摩川内市出身の若手企画プロデューサーを追いました。

関連記事

  1. 「ものを大切に」上履きから学ぶ
  2. ボードゲームでSDGs学ぶ 舞台は“屋久島”
  3. 高校生がSDGs考えるフォーラム 高校生がSDGs考えるフォーラム
  4. ごみを減らそう 「古紙」をリサイクル 分別どうすれば?
  5. 大崎町 自治体別ごみリサイクル率で再び日本一 大崎町 自治体別ごみリサイクル率で再び日本一
  6. 規格外のジャガイモを粘土に再利用
  7. JTとファミリーマート 姶良市へ木製のSDGsバッジを寄贈
  8. お得にCO2削減 環境家計簿

SDGsとは?

SDGs

SDGsとは、Sustainable Development Goals”の略で「持続可能な開発目標」と訳されるものです。
2015年の国連サミットで採択されたSDGsは、国際社会が2030年までに達成すべき17の目標と169のターゲットが掲げられています。
2030年まであと10年となった2020年、「行動の10年」として取り組みの拡大が求められています。

SDGs:参考
国連広報センター 

SDGメディア・コンパクトに加盟しています

株式会社 南日本放送(本社:鹿児島市、代表取締役社長:中野寿康)はSDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)推進のため、2020年12月、国連の「SDGメディア・コンパクト」に加盟しました。

PAGE TOP