コト

大崎町 自治体別ごみリサイクル率で再び日本一

環境省が発表した2019年度の自治体別のごみのリサイクル率で、鹿児島県大崎町が、前年の2位から再び日本一に返り咲きました。

大崎町では、埋め立て処分場に持ち込まれるごみを減らそうと、「混ぜればごみ分ければ資源」を合言葉に2000年から徹底した分別とリサイクルを始め、現在27品目のごみの分別を行っています。

ごみのリサイクル率では、2017年度まで、12年連続で全国1位でしたが、2018年度は、北海道豊浦町に抜かれ2位になりました。

しかし、このほど環境省が発表した2019年度では、大崎町は、82・6パーセントで、前年度に比べ、0・5ポイント減ったものの豊浦町も8ポイントあまり減らし、全国1位に返り咲きました。

(大崎町 東靖弘町長)「全国1位に返り咲いたということで、素直にうれしくて、住民のみなさんのご協力に感謝しています」

大崎町は、国連が掲げた「持続可能な開発目標=SDGs」を民間と連携して推進する協議会を設立していて、日本一奪還は、SDGs推進の弾みになるとしています。

関連記事

  1. 家庭ごみ どう減らす?
  2. 新しい福祉の形 障害者がアートで発信
  3. 海の豊かさを守ろう 大和村・ビーチクリーン
  4. 阿久根 駆除ウニ活用へ
  5. 「ものを大切に」上履きから学ぶ
  6. 地域で取り組む 日置市の生ごみリサイクル
  7. 「海の豊かさを守ろう」プラスチックごみ削減へ マイボトル後押し
  8. 役目を終えたランドセルを海外へSDGs達成の取り組み

SDGsとは?

SDGs

SDGsとは、Sustainable Development Goals”の略で「持続可能な開発目標」と訳されるものです。
2015年の国連サミットで採択されたSDGsは、国際社会が2030年までに達成すべき17の目標と169のターゲットが掲げられています。
2030年まであと10年となった2020年、「行動の10年」として取り組みの拡大が求められています。

SDGs:参考
国連広報センター 

SDGメディア・コンパクトに加盟しています

株式会社 南日本放送(本社:鹿児島市、代表取締役社長:中野寿康)はSDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)推進のため、2020年12月、国連の「SDGメディア・コンパクト」に加盟しました。

PAGE TOP