はじめての郷土料理

落花生入り炒り豆腐

鹿児島弁で「だっきしょ」と呼ばれる落花生が入った炒り豆腐。垂水市出身のおばあちゃんのレシピをもとに、ふるさとの味を再現します。

材料(4人分)

材料
分量
木綿豆腐
1/2丁
落花生(生の落花生、または生の落花生を乾燥させたもの)殻をむき薄皮がついたもの
50g
大根
100g
ジャガイモ
100g
玉ネギ
50g
さつま揚げ
50g
ニンジン
40g
ゴボウ
20g
鶏ひき肉
30g
生シイタケ
1~2枚
インゲン
20g
ごま油
大さじ1/2
みりん
大さじ1
大さじ1
薄口しょうゆ
大さじ2

作り方

1

落花生は薄皮をつけたまま水に浸し、時々水をかえながら1~2日浸しておく。たっぷりの湯で柔らかくなるまで20分~40分程度煮て、ザルにあける。

2

豆腐はキッチンペーパーなどで水切りしておく。

3

大根・玉ネギ・さつま揚げ・ニンジンは1~2センチ角の薄切りに、ジャガイモは5ミリ厚さの1~2センチ角に、ゴボウは小さなささがきに、生シイタケは軸を取り1~2センチ角に切る。インゲンは、塩を少々入れた湯でゆで、1センチ長さに切る。
★「さつま揚げ」が入るのがポイント。鶏肉にゴボウ・シイタケ・さつま揚げが入るといい味を作る。

4

鍋にごま油を熱し、豆腐を大きめに崩し入れる。少し焼き目をつけて一旦取り出す。
★豆腐はごま油で少し焼いて焦げ目をつけ、ヘラなどで崩す

5

鶏ひき肉を炒め、肉の色が変わったら、落花生とインゲン以外の材料を加え、蓋をする。野菜がしんなりなる前で焼き目を付けた豆腐を入れ、炒める。
★蓋をして全体を少し蒸し煮にすると、根菜類に火が通りやすい。

6

調味料を加え、落し蓋をして汁けがなくなる直前まで煮込む。

7

インゲンを加え、全体を混ぜ火を止める。