はじめての郷土料理

コサンダケの卵とじ

今が旬の時期を迎えている「コサンダケ」をつかって、「卵とじ」を作ります。
鹿児島は竹林面積が日本一で多くの竹の種類があり、春先から様々なたけのこを味わうことができます。
コサンダケはアクが少ないので、新鮮なものは下茹でせずに、そのままみそ汁に入れたり煮物に入れたりと重宝します。薄く切ってグリンピースや豆腐と共に卵でとじると、甘い味付けにご飯がすすみます。

材料(4人分)

材料
分量
コサンダケ
3~4本
豆腐
1/2丁
グリンピース
30g
2個
大さじ1
調味料(砂糖・うす口醤油)
各大さじ2

作り方

1

コサンダケは皮をむき、薄切りする。
【皮のむき方:穂先に包丁で切り目をいれ、根元に向かって皮を引っ張り、残った皮を開くようにむく】

2

豆腐はキッチンペーパーに包み、水切りする。

3

1カップの水を沸騰させ、塩小さじ1/2加え、グリンピースを2~3分茹で、ザルにあげる。

4

フライパンに油を引き、火にかけ、大ぶりにちぎった豆腐を焦げ目がつくくらい炒め、一度、取り出しておく。

5

フライパンにコサンダケを加え、火が通ったら、焦げ目をつけた豆腐を加え、調味料で味付けをする。

6

溶き卵・グリンピースを加え、卵に火が通るまで混ぜ合わせる。

ポイント

  • コサンダケは収穫したての新鮮なものを使う。
  • えぐみ等が気になる方は、沸騰したお湯で2分程度、茹でる。