2/18(木)は男メシ!カップ麺で作るチャーハン▽海底貯蔵焼酎

川商ハウスプレゼンツてゲてゲハイスクールフェスティバル2021スピンオフ

先日、「川商ハウスプレゼンツてゲてゲハイスクールフェスティバル2021」というイベントが川商ホールで行われたんです。

今回はいつものアミュ広場ではなく、川商ホールからLIVE配信でお送りする形になりました。

県内およそ20の高校がダンスや歌、書道パフォーマンス、ファッションショー、さらにはチアリーディングなど多くの演目でステージを繰り広げてくれました。
このてゲハイフェスは日曜の午後3時から行われているラジオ放送「てゲてゲハイスクール→ハウス」という番組からスタジオを飛び出して年に1回イベントをやっているわけですけど、みなさんなかなか本番のステージがなかったみたいで、かなり楽しみにてゲハイフェスの模様を楽しんでくれたようです。

そのスピンオフ企画が行われているアミュ広場から岩﨑アナウンサーが伝えしました。

パイナップルつばさのチャチャっと男めし

テニスの錦織選手が作っていた、超簡単で美味しい「カップヌードル炒飯」を作りました。

焼酎とワインを台湾でPR!

先月1月末から台湾で、鹿児島の焼酎と長野のワインのコマーシャルが放送されたという話題です。

このコマーシャルは、台湾の芸術大学として有名な国立台湾芸術大学の皆さんによって制作されたものものです。

みなさん、10月からリサーチをして2か月ぐらいかけて制作したそうですよ。
焼酎のコマーシャルが3種類、ワインが3種類の合わせて6本制作されました。

鹿児島の「焼酎」と長野の「ワイン」の海外での放送。
どうしてこの組み合わせになったかというと、鹿児島にあるMBCテレビは、長野県にあるケーブルテレビ局「Goolight」と連携してドローンなどで撮影した風景を紹介する「そらじかん」という番組を日曜日の午前10時45分から放送しています。

県を越えて互いに協力しているこの2つのメディアが、それぞれの地元のお酒を海外に売り込む力になりたいということで、今回、鹿児島の焼酎と長野のワインのCMを台湾で放送することになったんです。

コロナ禍で色々と厳しい時期ではありますが、鹿児島と長野、互いの特産品を海外と結びつける役目を地元メディアが果たしているということですね。

さらに、鹿児島(MBC)と長野県のケーブルテレビ局(goolight)。
コマーシャルだけではなく、共同制作をした番組も台湾のテレビ局・民視で1月末に放送されました。
テーマは「観光列車」。
MBCは「肥薩おれんじ鉄道」を玉谷アナが紹介してくれました。長野県のGoolightは「しなの鉄道」を取材ということで、それぞれが運行している観光列車と沿線の魅力を紹介したんです。

海と日本プロジェクト

南さつま市の海の底に沈められたあるものの話題をお伝えしました。

詳しくはこちら

関連記事