キラッと光る 鹿児島のモノづくり

コロナ禍でマスクがなかなか手に入らなかった日々、そんな時立ち上がった県内企業があった。

伊佐市のスカラー株式会社。ふだんはストッキングを作っている企業だが、伊佐市の依頼でマスク作りに着手。パンストと同じナイロンとポリウレタンの素材を使い、ストッキングの生産技術でマスクを編み上げた。完成したのは、縫い目がなく伸縮自在、顔にフィットするオリジナルのマスクだ。

また寝具メーカーはその縫製技術で医療用の防護服を生産。県内企業の技術がコロナ禍を照らす希望の光になった。

番組では、県民の生活を支え豊かにする県内企業のモノづくりの現場を訪ねた。

関連記事一覧