ENJOY DEATH~往復書簡がつづる生と死~

この記事は放送から、1年以上経過しています。

2年足らずで二つのがんを発症した鹿児島在住の65歳の文筆家と、難病ALSを告知された京都在住の79歳のコミュニティダンス愛好家。1年前、二人は「往復書簡」というタイトルでブログを立ち上げ、その時々の思いや考えたことを互いにつづってきた。
私たちはどう生き、最期の時を迎えるのか。生と死の狭間で揺れ動きながらも自らの命に真摯に向き合う書簡や二人の姿、仲間たちの支える思いなどを紹介する。

関連記事一覧