MBCの取り組み

レポート「こどもの日チャレンジパーク」

GWに3日間、鹿児島市の加治屋まちの杜公園で開かれたイベントで子ども向けのワークショップを行いました。

5/3(月祝)『お絵描き~火山灰アーティストKYOCO と描こう~』

講師/火山灰アーティストKYOCO

桜島の火山灰を使って小さな白いキャンバスに自由に絵を描いてもらいました。
子どもたちは桜島などの風景、花、動物など、思い思いのものを楽しそうに描いていました。普段は厄介なものとして嫌われがちな火山灰を活用してすばらしいアート作品を仕上げることで、地域の自然を身近に感じてもらえたのではと思いました。

開催日時5/3(月・祝) ①10時30分~12時 ②13時30分~15時 ③16時~17時30分(3回)

5/4(火祝)『海洋ゴミでつくるアクセサリー』

講師/カズヒロ ハカタ

吹上浜の海岸で拾ったプラスティックゴミを使ってブローチを作ってもらいました。
材料に選んだゴミやその溶かし方によって、様々な色合いや雰囲気を表現することができ、世界にひとつだけのブローチが完成していたようです。「ゴミでこんなステキなアクセサリーができるんだ!」という驚きとともに、海の豊かさを守る大切さを感じてもらえたのではないかと思いました。

開催日時5/4(火祝) ①10時30分~12時 ②13時30分~15時 ③16時~17時30分(3回)

5/5(水祝)『リサイクルペーパー作り』

講師/大崎町SDGs推進協議会

大崎町SDGs推進協議会のメンバーの自己紹介でスタート。パソコンを用いた大崎町の紹介の後、WS開始。牛乳パックの内側の部分をはがして取り、それをミキサーで砕き、枠にその紙を流し込んではがきサイズのリサイクルペーパーを作成しました。母の日が近いことで母へのメッセージを完成したペーパーに書こう!を目標に設定。参加した子どもたちも、身近にあるものから比較的簡単に作れることもあり、楽しんで製作にあたっていました。また、大崎町の名産や全国でも有数のごみ分別に取り組む町であることも学習しました。

開催日時5/5(水祝) ①10時30分~11時30分 ②13時~14時 ③15時~16時(3回)

5/5(水祝)『アナウンサー朗読会』

MBCアナウンサー3名による自然や環境保護に関する絵本を朗読と、発声発音の練習を行いました。普段テレビで観ているアナウンサーを身近に感じ、こどもたちも熱心に耳を傾けてくれました。朗読が自然や環境、海の大切さを考えるきっかけになれば嬉しいです。最後に藤原アナウンサーによる発声練習(全員マスク着用)を行い、みんな緊張をしながらも、藤原さんの発声のあとに続き、大きな声で発声が出来ていました。
参加したこどもたちの中には、将来アナウンサーになりたいという子もいて、是非その夢を叶えて欲しいと願っています。

朗読した本

  • ぞろりぞろりと やさいがね(小薗秀汰アナウンサー)
  • おかえり、ウミガメ(山口真奈アナウンサー)
  • うみをあげるよ(藤原一彦アナウンサー)
開催日時5/5(水祝) 16時30分~17時(1回)

関連記事

  1. 「みんなでかごしまSDGs WEEK」第1弾ごみを減らそう 第1弾はごみを減らそう「みんなでかごしまSDGs WEEK」
  2. 株式会社 南日本放送は、2020年12月、国連の「SDGメディア…
  3. わたしのSDGsメッセージ
  4. あなたが取り組んでいる「SDGs」を教えて下さい
  5. みんなでかごしまSDGsウィーク第2弾 「海の豊かさを守ろう」 第2弾は“海の豊かさを守ろう”「みんなでかごしまSDGs WEE…
  6. 再生ポリエステル100%素材の生地でオリジナルエコバッグを製作
  7. 鹿児島市「かごしま SDGs 推進パートナー」に登録されました
  8. 大崎町SDGs推進協議会への参画について

SDGsとは?

SDGs

SDGsとは、Sustainable Development Goals”の略で「持続可能な開発目標」と訳されるものです。
2015年の国連サミットで採択されたSDGsは、国際社会が2030年までに達成すべき17の目標と169のターゲットが掲げられています。
2030年まであと10年となった2020年、「行動の10年」として取り組みの拡大が求められています。

SDGs:参考
国連広報センター 

SDGメディア・コンパクトに加盟しています

株式会社 南日本放送(本社:鹿児島市、代表取締役社長:中野寿康)はSDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)推進のため、2020年12月、国連の「SDGメディア・コンパクト」に加盟しました。

PAGE TOP