番組情報

kagoshima SDGs 17colors #30 Le Ciel Fusée 代表・久木田紫絵留さん 2023/9/16放送

廃棄されるはずのものを”素敵な香り”に変身させる

いちき串木野市にある『Le Ciel Fusée(ル シエル フュゼ)』。代表を務める久木田紫絵留(しえる)さんは、小学生の頃からアロマが好きで、中学生の頃に廃棄される果物があると知り、高校生で起業した現役大学生です。

Le Ciel Fusée 代表 久木田紫絵留さん
「いちき串木野市の特産品であるサワーポメロやぽんかんなどの柑橘類を使ったアロマやオリジナルブレンドティーを企画開発、製造販売しております。」

間引きされた果物や、廃棄されてしまう地域産品を有効活用して、商品化に挑戦しています。中にはユーカリを使った、まるで平川動物公園の”コアラ館”にいる気分になれるルームフレグランスも。

Le Ciel Fusée 代表 久木田紫絵留さん
「平川動物公園さんで廃棄ユーカリが出るという話を聞いて、その廃棄される分のユーカリを引き取らせていただいて作った香りになります。」

「循環型社会」実現のための啓発活動も

紫絵留さんが目指すのは、廃棄物を有効活用した「循環型社会」の実現。ですが「自分一人では力不足」という思いから、SDGsの普及啓発活動も積極的に行っています。

Le Ciel Fusée 代表 久木田紫絵留さん
「私たちの活動や、どういう活動をすれば地球・地域に貢献できるのかを教えていけたらなと。」

るる’s eye

パッションフルーツの殻から和紙作りを行う種子島高校が視察・研修に訪れました。
捨てられるものに付加価値を与えるノウハウを惜しみなく伝授しているそうです。

地元がよくなる良い循環

Le Ciel Fusée 代表 久木田紫絵留さん
「廃棄される地元の特産品を有効活用して、地元が良くなる良い循環を目指しております。生産者さんやお客様が笑顔になれるような活動を目指しています。」

関連記事

  1. kagoshima SDGs 17colors #27 クリエイ…
  2. kagoshima SDGs 17colors #33 鹿児島銀…
  3. kagoshima SDGs 17colors #31 株式会社…
  4. kagoshima SDGs 17colors #14「九電工鹿…
  5. kagoshima SDGs 17colors #34 株式会社…
  6. kagoshima SDGs 17colors #6「株式会社ア…
  7. kagoshima SDGs 17colors #5「大崎町衛生…
  8. kagoshima SDGs 17colors #10「株式会社…

SDGsとは?

SDGs

SDGsとは、Sustainable Development Goals”の略で「持続可能な開発目標」と訳されるものです。
2015年の国連サミットで採択されたSDGsは、国際社会が2030年までに達成すべき17の目標と169のターゲットが掲げられています。
2030年まであと10年となった2020年、「行動の10年」として取り組みの拡大が求められています。

SDGs:参考
国連広報センター 

SDGメディア・コンパクトに加盟しています

株式会社 南日本放送(本社:鹿児島市、代表取締役社長:中野寿康)はSDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)推進のため、2020年12月、国連の「SDGメディア・コンパクト」に加盟しました。

PAGE TOP