番組情報

kagoshima SDGs 17colors #23 冨士屋製菓有限会社 2/18放送

訪ねたのは、冨士屋あめでお馴染みの「冨士屋製菓」。
明治19年創業、いも飴一筋の県民にはおなじみの会社です。

地域の資源を活かし輸送コストを抑えて、CO2削減につなげる

から芋あめに使用するさつま芋は、本社から35km圏内でとれたものを使用しているそうです。地域の資源を活かしているだけでなく、輸送の際に排出されるCO2を抑えることもできています。

リサイクルフィルムを使用し廃棄物を削減

100年以上変わらない製法で愛され続けている「から芋あめ」ですが、最近少し、リニューアルしたそうです。

代表取締役社長 小野卓也さん
「ペットボトルのリサイクルフィルムを採用し、個包装せずに昔ながらの伝統ある形でリニューアルしました。」

バリア性の高いフィルムによりフードロスの削減

個包装ではなくチャック付の袋になった「から芋あめ」。品質の維持が気になりますが・・・。

代表取締役社長 小野卓也さん
「バリア性の高い、ペットボトルのリサイクルフィルムを採用することで、従来の袋より飴が溶けにくくなりました。フードロスにもつながっていると思います。」

るる’s eye

からいも飴をつくる過程ででた芋のかすは、家畜のえさとして活用していくことを検討しているそうです。

伝統を伝える

代表取締役社長 小野卓也さん
「子どもたちの食育と、個包装を減らし環境に対応した商品づくりをしながら、伝統を伝え続けてまいります。」

関連記事

  1. kagoshima SDGs 17colors #2「鹿児島県大崎町」5/15放送 kagoshima SDGs 17colors #2「鹿児島県大…
  2. kagoshima SDGs 17colors #12「丸和建設…
  3. kagoshima SDGs 17colors #21 株式会社…
  4. kagoshima SDGs 17colors #35 circ…
  5. kagoshima SDGs 17colors #13「日本茶未…
  6. kagoshima SDGs 17colors #17 有限会社…
  7. kagoshima SDGs 17colors #24 株式会社…
  8. kagoshima SDGs 17colors #31 株式会社…

SDGsとは?

SDGs

SDGsとは、Sustainable Development Goals”の略で「持続可能な開発目標」と訳されるものです。
2015年の国連サミットで採択されたSDGsは、国際社会が2030年までに達成すべき17の目標と169のターゲットが掲げられています。
2030年まであと10年となった2020年、「行動の10年」として取り組みの拡大が求められています。

SDGs:参考
国連広報センター 

SDGメディア・コンパクトに加盟しています

株式会社 南日本放送(本社:鹿児島市、代表取締役社長:中野寿康)はSDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)推進のため、2020年12月、国連の「SDGメディア・コンパクト」に加盟しました。

PAGE TOP