番組情報

kagoshima SDGs 17colors #21 株式会社ボタニカルファクトリー 12/17放送

化粧品は食品の延長

株式会社ボタニカルファクトリー 代表 黒木靖之さん
「化粧品を食品の延長のように考えていて、できるだけ口に入れても大丈夫な成分でつくるというのをモットーにしています。基本的には自然由来成分100%を目指した商品です。」

食品廃棄の削減で、お肌だけでなく環境にも優しく

化粧品の原料はパッションフルーツやたんかんなど、主に南大隅町で採れる農作物を使います。またそれらは、規格外で出荷できないものを近隣農家から買い取ったり、地元の農家と契約して栽培したものなんだそうです。
これまでに、化粧品・ヘアケア用品・洗剤など20以上の自社商品を開発。2021年にはパッションフルーツローションが、サスティナブルコスメアワードで銀賞を受賞しました。

黒木さん
「例えばパッションフルーツでしたら、皮をエキスに、中身を蒸留して水に使ったり、農産物によって使う部位を分けて化粧品の中に組み込んでいます。」

るる’s eye

ボタニカルファクトリーの工場は、南大隅町の廃校跡地を活用した建物。
ワークショップコーナーを常設し、観光客や学生と交流するなど、地域活性化の場にもなっています。

食べ物の様な化粧品を目指して

黒木さん
【農業と連携した食べ物のような化粧品を、これからも作っていきます。】
「鹿児島は農産物が大変豊富な県です。私たちは農業の方と連携して、農産物の廃棄ゼロを目指しています」

関連記事

  1. kagoshima SDGs 17colors #17 有限会社…
  2. kagoshima SDGs 17colors #30 Le C…
  3. kagoshima SDGs 17colors #32 大崎町 …
  4. kagoshima SDGs 17colors #5「大崎町衛生…
  5. kagoshima SDGs 17colors #26 鹿児島情…
  6. kagoshima SDGs 17colors #9「大崎町SD…
  7. kagoshima SDGs 17colors #23 冨士屋製…
  8. kagoshima SDGs 17colors #13「日本茶未…

SDGsとは?

SDGs

SDGsとは、Sustainable Development Goals”の略で「持続可能な開発目標」と訳されるものです。
2015年の国連サミットで採択されたSDGsは、国際社会が2030年までに達成すべき17の目標と169のターゲットが掲げられています。
2030年まであと10年となった2020年、「行動の10年」として取り組みの拡大が求められています。

SDGs:参考
国連広報センター 

SDGメディア・コンパクトに加盟しています

株式会社 南日本放送(本社:鹿児島市、代表取締役社長:中野寿康)はSDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)推進のため、2020年12月、国連の「SDGメディア・コンパクト」に加盟しました。

PAGE TOP