労働問題

中小企業の場合、残業代が出ないのは我慢するべきなの?(4/27 OA)

相談者A
相談者A
中小企業の場合、残業代が出ないのは我慢するべきなの?
鹿児島県ではまだ働き方改革が浸透していない企業が多いようですが、時間外労働の上限規制は、大企業は2019年4月から、中小企業も2020年4月から導入が始まりました。時間外労働の上限は原則月45時間、年360時間です。そして業種や職種に関わらず残業代は請求することができます。
労働時間を証明する証拠として、タイムカードのコピーや勤怠システムのデータがあると請求しやすくなります。また、給与の額の内訳によって残業代が変わることがあるので、給与明細書など収入を示す資料も用意することをおすすめします。
当事務所では労働問題の相談は無料で承っておりますので、残業代が出ずにお困りの方は、ぜひお気軽にご相談ください。
弁護士 平松剛
弁護士 平松剛

降格によって給料が減るのは、仕方ないことなの?(4/20 OA)前のページ

交通事故にあったら、何に気をつけたらいいの?(9/7 OA)次のページ

関連記事

  1. 労働問題

    サービス業だと、残業代が出ないのは当たり前?(2019/8/26 OA)

    サービス業や営業の方の中には、「残業代は出なくても当たり前」と思わ…

  2. 労働問題

    会社でセクハラを受けたら、我慢するしかないの?(2019/8/12 OA)

    セクハラはデリケートな問題なので、第三者に相談しにくいかもしれませ…

  3. 労働問題

    会社から突然クビと言われたら、どうしたらいいの?(2019/8/5 OA)

    事前の注意もなく突然解雇されてしまった場合は、解雇が無効である可能…

  4. 労働問題

    突然クビと言われたら、どうすればいいの?

    【放送日】2017年8月28日ショートストーリー(父と娘の会話から…

  5. 労働問題

    降格によって給料が減るのは、仕方ないことなの?(4/20 OA)

    降格に伴ってお給料が減らされることはあり得ますが、そもそも降格自体…

  6. 労働問題

    有給がとれないのは、仕方のないことなの?(2019/8/19 OA)

    2019年の4月1日から、いわゆる「働き方改革関連法」により、労働…

アーカイブ

関連リンク

平松剛法律事務所
PAGE TOP