二十四節季

もうすぐ二十四節季のひとつ「啓蟄」

今週はそんな季節の話題です。

「啓」は「ひらく」と訓読みします。何を開くのか・・・

その手ががりとなるのが「蟄」という漢字。

これには「虫」という字が使われています。

虫たちは冬の間は、寒さをしのぐためにそれぞれが工夫して「冬ごもり」をしています。

その虫たちが、土の中から出てきて「春だよー」と教えてくれる季節になったということです。

もうそんな時期なんですね。

さて、この二十四節季をさらに細かく分けて季節を表したのが「七十二候」。

昔の人は1年365日を、およそ5日毎に季節の移り変わりを表していたんですね。

それは、昔は田畑が中心で、田植えの時期はいつがいいとか、雨や風はどうだろう?というのが重要だったんです。

もともとは中国の黄河流域の季節に合わせものだったので、日本に合わせて作ったようです。

季節の言葉って、それだけでも伝わってきますね。

今週の放送はこちらから!

 

昴インフォメーション

昴の新学年は3月の進級準備講座でスタートします。
今入学すると、入学金は全学年とも無料、そして新小学6年生から新中学3年生は授業料無料の特典もあります。
また3月10日は春のスクーリング早割り特典の締め切り日です。
昴の教室にお急ぎください。

番組へのメッセージをお待ちしております

  • 放送は毎週土曜日 17:00~17:10
  • ハガキ:〒890-8570 MBCラジオ「みちこ先生のニコニコ通信」係
  • Eメール: