宋艸窯

今週は姶良市平松で陶芸をしている「宋艸窯」を紹介しました。

こちらがお話を伺った竹之内琢さんです。

少し大きな作品を持って。

私が琢さんの作品に出会ったのは、たまたま入ったお茶屋さんでのこと。

とてもステキな器が目に付き、お店の人尋ねたのが最初でした。

姶良で窯元をしていると聞き、すぐに行ってみました。

それからというもの、琢さんが作った湯呑みや器を愛用しています。

生活に馴染むとても使いやすい器で、しかもとてもかわいい。

使うたびにニヤニヤしています。

作る上で大事にしていることは「全体のバランス」。

テーブルに置いたとき、食べ物を盛り付けたときなど。

琢さんのお父さんも陶芸家で、お父さんの作品は全くイメージの違う器。

どっしりとした中に、自然の花が描かれていて繊細な感じもします。

さて、そのお父さん、息子さんの琢さん、また薩長土肥の有名な作家さんの作品を

見られる陶芸展「薩長土肥 現代の陶芸」があります。

普段はなかなか見られない、有田焼きの有名な陶芸家さんの作品もあるそうです。

2月1日から黎明館で開催されます。

興味のある方は出かけてみてはいかがでしょうか?