百羽のツル

絵本「百羽のツル」をお母さんか読んでもらったという、小学1年生。

本物の鶴を見てみたいとお便りがきました。

それだけ影響があるこの絵本。

みちこ先生もオススメだということですので、是非読んでみてくださいね。

さて鶴ですが、今の季節ならば、鹿児島の出水に行ってみてください。

先日羽数調査もあり、一万羽の鶴が羽を休めていますよ。

鶴は、毎年10月中旬頃、寒いシベリア、ロシア、中国からやってきて、日本で冬を過ごし、1月下旬には北帰行が始まり、3月下旬に最後の鶴が飛び立つようです。

では、鶴はどんなところで寝ているのでしょうか?

出水の荒崎と東干拓地区では、10㎝から15㎝ほどの水を田んぼに張って、人口的なねぐらを作っています。

そして、1本足で立って寝るそうで、それにも訳があります。

体温維持の為なんだそうですよ。

それにすごいのは、鳥は昼の長さの変化で季節を知るんだそうです。

それが体内時計に刻まれているんですよね。

ますます見に行きたくなったのではないでしょうか?

冬休みに、出水に鶴を見に行ってみてはいかがでしょうか。

今週の放送はこちらから!

 

昴インフォメーション

12月25日から冬のスクーリングがスタートします。
冬のスクーリングから入学すると、入学金が10000円割り引いて3000円。
また中学1年生と2年生は冬のスクーリングから2月まで授業料は10000円だけの大きな特典もあります。
友達と一緒に昴の教室へ急ぎましょう。

番組へのメッセージをお待ちしております

  • 放送は毎週土曜日 17:00~17:10
  • ハガキ:〒890-8570 MBCラジオ「みちこ先生のニコニコ通信」係
  • Eメール: