蝸牛の不思議

今月はリモート収録でお送りしました。
パソコン越しのみちこ先生、なんだか新鮮でした。

梅雨になりましたね。
梅雨といえば、きれな紫陽花。
そして蝸牛。

かたつむりは、どうして「蝸牛」、「牛」という漢字を使うのでしょうか?
それはかたつむりの触覚にあります。
それが牛の触覚みたいだということからのようです。
そして名前の「かたつむり」

「片方の角を振る」から「片角振り」で「カタツムリ」になったという説を中心に
いくつかあるようです。
「ツムリ」・・・「ツブリ」という貝の呼び名で、元々は「カタツブリ」だったようです。

そして更に驚いたのは、蝸牛には歯が1万以上あるんだそうです。
ちょっと怖いですね・・・(笑)
歯といっても、おろし金のような感じなんだとか。

そして蝸牛の殻は右巻きが多いそうです。
左巻きを見つけたら発見かもしれませんね。

今週の放送はこちらから!

昴インフォメーション

昴では6月入学生を受付中です。
授業はもちろんの事、昴の映像授業を配信しています。
新学年のスタートが遅れた皆さん、夏前に取り戻しましょう。

小学生の皆さん、6月14日は全九州学力テストです。
これまでに学習した重要事項のまとめのテストです。
今の力でどの公立高校に合格できるかもわかります。
優秀者には大きな特典もあります。
ぜひチャレンジしましょう。

番組へのメッセージをお待ちしております

  • 放送は毎週土曜日 17:00~17:10
  • ハガキ:〒890-8570 MBCラジオ「みちこ先生のニコニコ通信」係
  • Eメール: