パン工房百番館

加治木にあるパン工房「百番館」を紹介しました。

伺ったのは代表の岩下亮さん。

この百番館という店名は、住所が新富町100番地、

そして、以前はお父さんが民宿百番館をしていたことから、

その屋号を引き継いでいるそうです。

開店して24年、夫婦で営む地域に根ざしたお店。

人気は「食パン」、加治木のシンボル蔵王岳をイメージした食パンで、もちもちした食感が人気。

他にも、くるみ大納言は年配の方に、くるみっちーは学生に人気だそうです。

そして、店内でおもしろいパンを発見しました。

それが「まっくすパン」

これは蒲生高校とコラボしたパンで、おととし6月に完成。

抹茶風味のメロンパンで、蒲生の大楠をイメージしています。

中にはチョコも入っていて、これも若い人に特に人気。

24年してると、学生時代に通っていた方が、大人に今でも買いにきてくれたり、

懐かしい思い出のパン屋さんでもあります。

これからも地域に愛せれるパン屋さんでいて欲しいですね。