みらい甲子園

今年も開催決定!募集スタート!高校生のSDGsアイデアコンテスト「SDGs QUESTみらい甲子園」

みらい甲子園とは

高校生がチームで社会課題解決のアクションアイデアを考えるコンテスト
全国開催エリアの高校生たちそれぞれがチームを組み、主体的にSDGsを探究し、様々なアクションアイデアを創出・発表・表彰する大会です。
各エリアごとに、自治体、教育機関、地域メディア、企業、団体の産官民協働によりパートナーシップを形成して運営しています。

募集期間

9月10日(日)~12月10日(日)13:00まで

対象学年

鹿児島県内の高校に通う1年生・2年生、2~6人で構成するチーム(通信・高専等の参加も可)
高校生3年生のみのエントリーは不可(1,2年生の混合チームでの出場のみ可)

申込方法

過去のファイナリストの発表を見てみる

探究学習のテーマを選択すると各県のファイナリストのプレゼンがご覧いただけます

良くある質問

Q:アイデアだけなのだが応募しても良いでしょうか?
A:大歓迎です。学校の探究学習で学んでいる内容でもOKです

Q:他のコンテストなどに出したことがり、受賞したことがあるのですが?
A:大歓迎です。是非ご応募下さい

Q:1名で参加可能ですか?
A:できません。必ず2~6人で構成するチームで参加してください。

Q:同じ学校から複数の参加は可能ですか?
A:大歓迎です。探究学習の成果としてクラスのチーム単位での応募実績もあります。
 ただしチーム構成を遵守ください(チラシ裏面に詳細あり)

前年度大会について

参加数
25校 61チーム 209名

ファイナリスト(12チーム)
鹿児島県立市来農芸高等学校 市来農芸高校 自主研究班
鹿児島県立種子島中央高等学校 種子島中央高校 コロニー増やし隊
鹿児島県立種子島高等学校 鹿児島県立種子島高等学校 RRPU班
志學館高等部高等学校 志学館高等部 チーム色響(IRO&HIBIKI)
鹿児島県立鹿児島中央高等学校 長井鶴田チーム
鹿児島県立鶴丸高等学校 グルースカルテット
鹿児島情報高等学校 とびたてeプレ18期生
鹿児島県立大島高等学校 奄美のバリアを無くし隊!
鹿児島県立大島高等学校 いえつむぎ
鹿児島情報高等学校 KgC
鹿児島県立曽於高等学校 Team Sanekata.Group③
鹿児島県立曽於高等学校 Team Sanekata.Group①

応募詳細はチラシを御覧ください(クリックすると拡大します)


主催
SDGsQUESTみらい甲子園鹿児島県大会実行委員会

共催
MBC南日本放送

後援
国連広報センター
文部科学省
公益社団法人2025年日本国際博覧会協会
鹿児島県
鹿児島県教育委員会

協賛企業

<プレミアムパートナー>
<ゴールドパートナー>
<パートナー>

 

関連記事

  1. kagoshima SDGs 17colors #38 SDGs…
  2. レポート「SDGs QUESTみらい甲子園」ファイナルセレモニー…
  3. kagoshima SDGs 17colors #37 SDGs…
  4. kagoshima SDGs 17colors #37 SDGs…
  5. 高校生なら誰でも無料で参加できる「SDGs事前学習会」をオンライ…
  6. ファイナリスト決定!
  7. ファイナリスト集結!ファイナルセレモニー開催!高校生のSDGsア…

SDGsとは?

SDGs

SDGsとは、Sustainable Development Goals”の略で「持続可能な開発目標」と訳されるものです。
2015年の国連サミットで採択されたSDGsは、国際社会が2030年までに達成すべき17の目標と169のターゲットが掲げられています。
2030年まであと10年となった2020年、「行動の10年」として取り組みの拡大が求められています。

SDGs:参考
国連広報センター 

SDGメディア・コンパクトに加盟しています

株式会社 南日本放送(本社:鹿児島市、代表取締役社長:中野寿康)はSDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)推進のため、2020年12月、国連の「SDGメディア・コンパクト」に加盟しました。

PAGE TOP