お節料理の意味

いよいよ今年も残りわずか。

今週はお節料理に込められた先人の思いを教えていただきました。

●黒豆・・・黒は「魔よけ」の色で、豆は「まめ」に暮らせるように

●伊達巻・・・くるくると巻いていて巻物に似ているので「知識」

●田作り・・・昔は小魚を田んぼの肥料にしていたそうです。そこから「作物の豊作」

●たたきごぼう・・・ごぼうの根っこは大地にしっかりと根を張ることから「家の土台が揺らがないように」

●数の子・・・にしんの卵で数が多いことから「子孫繁栄」

●八つ頭・・・八方に頭があるように見えるので「人の上に立つ頭になるように」

●紅白なます・・・赤はめでたさ、白は神聖な色

●きんとん・・・黄色を小判に見立てて「小判」

いろんな意味があるんですね。

お正月といえば雑煮。

これは年神さまへお供えものや餅などを一緒に煮たもので、神様と同じものを食べることで、力を授かると考えていたそうです。

最後に「お屠蘇」ですが、これを飲むと「長寿」になると言われています。

それぞれの意味を考えながらいただきたいですね。

良い年をお迎えください。

 

 

 

昴インフォメーション

年が明けると、新学年へ好スタートを切る3学期です。
昴の3学期は1月11日に開講します。
開講前の1月6日は、中学1年生と2年生は今年度最後の「全九州模試」です。
正確な合格判定と的確なナビゲーションが受けられます。
また同じく1月6日は、中学3年生の県模試を実施します。
各県の入試形式・出題傾向に合わせた問題にチャレンジしましょう。

番組へのメッセージをお待ちしております

  • 放送は毎週土曜日 17:00~17:10
  • ハガキ:〒890-8570 MBCラジオ「みちこ先生のニコニコ通信」係
  • Eメール: