端午の節句

みちこ先生のお部屋には鯉幟があるそうですよ。

元気がでそうですね!

さて、今日は端午の節句です。男の子の尚武つまり武芸を重んじる気性を養成する日。

もともとは中国で、「べきらこう」に身を投げた「屈原」と弔うために、川に柏餅を投げ入れたことが起源になっているようです。

紀元前3世紀ごろのことなので、古くからの慣わしなんですね。

そして、鯉幟。

どうして鯉なのか。

これは中国の黄河中流の「龍門の急流」を登った鯉は龍になるというお話。

この出世魚と呼ばれる鯉に、将来の夢を託したんですね。

さらに、兜もありますね。

江戸の初め頃は武家だけが鯉幟を立てていたとか。

歴史を紐解くと、その由来がわかりますね。

由来を知っていると、習慣も重みが増します。

まだまだありますよ。

「菖蒲湯」。

これは室町時代からあって、勝負の葉をお風呂に入れると、邪気を祓い、心身を清めることができると言われています。

今日は菖蒲湯につかってみませんか?

今週の放送はこちらから!

昴インフォメーション

昴では、5月入学生を募集中です。
部活をしている中学生のみなさん、教科を選んで週一日で授業を受けることもできます。定期テスト対策もガッチリやりますよ。
また5月19日は鹿児島・宮崎の中高一貫模試、熊本の県立中模試です。
公立中高一貫校を目指す小6のみなさん、各県の出題形式や出題傾向に沿った模試にチャレンジしましょう。
6月3日の全国統一小学生テストの申し込みも受付中です。
詳しくは昴のホームページをご覧下さい。

番組へのメッセージをお待ちしております

  • 放送は毎週土曜日 17:00~17:10
  • ハガキ:〒890-8570 MBCラジオ「みちこ先生のニコニコ通信」係
  • Eメール: