加治木町の菜の花通りは市民の憩いの道♪

加治木町の日木山と反土という地域を隔てる川である日木山川。

その日木山川沿いにおよそ800メートルにも及び、菜の花が咲き誇る

菜の花通りがあるんです!

精矛神社から日木山川沿いの小道を国道方向に下っていくと

左岸の小道の道路両側に実に鮮烈な色合いの黄色い菜の花が

まさに春爛漫!咲き誇ってるんです。

実はこれ、自然に発生した菜の花通りではなく、

創業約40年にもなる加治木町の建設会社である「福永建設」の

社長さんが、生まれ育った場所でも有り、開業してからずっとお世話になっている

故郷の町に、地元の皆さんに何らかの形で恩返しができたら…の想いで

30年前に種を撒き、育ててきた菜の花通りなのです。

福永社長の地元への感謝の気持ちが実を結び、満開の花を咲かせた菜の花たちは

この小道を歩く地元のみなさんの心を優しく癒してくれます。

途中にはベンチもあるので、そこでお弁当を食べたり、ビールを飲んだりと

お花見をされる方もいらっしゃるとか(笑)

噂を聞きつけて、町内外から見物客の方々も多いそうですよ。

地元の高校の陸上部の練習コースにもなっていたり、お年寄りのお散歩コースになっていたりと

愛される菜の花通り。

ぜひみなさんも一度遊びに訪れてみてください♪