100人のメッセージ

#87 池田 恵 さん

地域おこし協力隊の池田恵さんです。池田さんは、神奈川のご出身だそうですね。

横浜駅に近い住宅街で育ちました。

でも、鹿児島ともご縁がおありなんですよね。

はい。祖父母が鹿児島に住んでおりましたので、子供の頃は夏休みに祖父母の家を訪ねて過ごしていました。

網戸にくっついたカエルを指で弾いて落としたりとか川で泳いだり、鹿児島での夏休みがいつもとても楽しくて、自分の子供たちにも自然の中で暮らすのを経験して欲しいなとずっと思っていたんです。

地域おこし協力隊として着任なさったのはいつなんですか。

2020年の9月です。

屋久島町の地域おこし協力隊の募集広告を見つけたんですけれども、締め切りの数日前だったんですね。どうしても応募したいなと思ったので、家族に相談しないで、急いで書類を集めて履歴書を送って、ギリギリ間に合ったというような感じです。

これまでもいろんなところで活動なさってこられたんですか。

元々、田舎暮らしに興味を持っていたので、移住フェアなどにも足を運んで、自分なりに情報を集めました。その際に地域おこし協力隊という活動があるというのを教えていただいて。ですけど、農業などの力仕事がメインなことが多くて、なかなか自分には縁がないなと思っていたんです。

屋久島町での募集内容が移住支援に関わる隊員の募集ということだったので、これまで自分が経験してきたWeb デザインとか、ニュージーランドにワーキングホリデー制度で長期滞在した経験がありましたので、そういうことを活かせるんじゃないかと思って応募しました。

子供たちも、屋久島気に入っているようですね。

そうなんです。採用していただいて初めて屋久島空港に子供と一緒に降りたった時に、上の娘が「ママここ私だいすき」って言ってくれたんですね。

他の下の子供たち3人とも、すぐに屋久島を好きになって今ではすっかり馴染んでいます。

横浜で暮らしていたときは、保育園の待機児童の問題があったんですけども、屋久島では問題なく過ごせていますし、一番下の子供が肌荒れがすごかったんですけれども、移住して1か月もしないうちに、すっかり綺麗になって解消されていました。

屋久島の空気、豊かな自然が、子供さんたちにとっても、いい方向に行ってくれたわけですね。

そう感じています。

都会っ子の皆さんですけれども、生活していく上で不便さを感じることはありませんでしたか?

屋久島はコンビニもないんですけれども、そういう暮らしにもすぐに慣れてしまって、意外と今のところ不便を感じていません。子供たちがいるおかげで、地域の活動なんかにも、すんなりと馴染むことができています。そういったきっかけがない場合は、事前に屋久島に何度か来ていただいて、例えば、宿泊施設や飲食店なんかで、島の中に知り合いの方を作ってから移住をしてみると馴染みやすいのかなと感じています。

先輩からの提言ですね。地域おこし協力隊今はどんな活動していらっしゃいますか。

新型コロナウイルスが流行している中での着任だったので、オンラインでの移住相談やホームページのリニューアル、SNSアカウントの立ち上げのリモート作業を中心に今は進めています。

屋久島が住みやすい島にするためへの抱負をお聞かせいただけますか?

今までは観光地としてしか知らなかった屋久島ですが、暮らすことがだんだんわかってきました。

屋久島町でも昨年度から空き家バンク制度が始まっているんですけれども、まだ認知度が低くて十分に活用できてないかなと感じています。その辺の情報を充実させて、もっとたくさんの方に屋久島で暮らしてみたいと思っていただけるようにしていきたいと思っています。

#86 時田 浩代 さん前のページ

#88 地下 智隆 さん次のページ

関連記事

  1. 100人のメッセージ

    #8 三好和義さん

    写真家の三好和義さんです。「楽園」をテーマに国内外で撮影を続け、多くの…

  2. 100人のメッセージ

    #36 山崎亮さん

    徳之島の健康長寿の取り組みに関わったコミュニティデザイナーの山崎亮さん…

  3. 100人のメッセージ

    #41 池村茂さん

    徳之島の工芸作家で、自然保護活動にも取り組む池村茂さんです。…

  4. 100人のメッセージ

    #34 藻谷浩介さん

    地域エコノミストの藻谷浩介さんです。…

  5. 100人のメッセージ

    #38 高梨修さん

    奄美博物館の館長で奄美の歴史や文化を研究している高梨修さんです。…

  6. 100人のメッセージ

    #24 石川直樹さん

    世界を旅する写真家・石川直樹さんです。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ABOUT

やくしまじかん・あまみじかん100人のメッセージプロジェクトについて

自然の叡智あふれる島々には、人生観や価値観などを見つめなおし、新しい令和の時代を こころ豊かに生きていくヒントがあります。

MBCでは、テレビ開局60年の今年、「やくしまじかん・あまみじかん100人のメッセージ」プロジェクトに取り組みます。

奄美・屋久島をこよなく愛する島内外の人々100人に、島への思いを語っていただき、そのメッセージを県外、世界に発信します。

『やくしまじかん・あまみじかん100人のメッセージ』は、MBCテレビ『MBCニューズナウ』(月~金曜・午後6時15分~55分放送)で放送中です。

  1. 100人のメッセージ

    #8 三好和義さん
  2. 100人のメッセージ

    #7 京大総長・山極壽一さん
  3. 100人のメッセージ

    #82 小原 比呂志 さん
  4. 100人のメッセージ

    #66 菊池 淑廣 さん
  5. 100人のメッセージ

    #87 池田 恵 さん
PAGE TOP