100人のメッセージ

#21 麓憲吾さん

奄美を音楽で盛り上げようと様々な活動を続ける麓憲吾さんです。

奄美出身のアーティストたちによる「懐かしい未来へ」。「唄島プロジェクト」という取り組みの一環で制作された楽曲です。

(麓憲吾さん)「世界自然登録を見据えて、私たちが守るもの、そして次世代に語り継ぐものを、楽曲を通じて伝えられればなあということで…」

プロジェクトの発起人の一人、麓憲吾さん。奄美市を拠点にするコミュニティラジオ「あまみエフエム」の代表で、「ASIVI」というライブハウスのオーナーも務めます。音楽で島を盛り上げようと、これまで様々なイベントを手がけてきました。代表的な企画が、「夜ネヤ、島ンチュ、リスペクチュ」。「今宵は島の人を尊敬しよう」という趣旨のライブイベントで、2001年から続けています。

(麓憲吾さん)「なぜそもそも私たちが地元の物事を誇れないんだろうというところがテーマで。離島・地方の劣等感もあったんですけれども、足元のことをもう一回見つめ直してちゃんと目を凝らしてみると、かっこいもの、楽しいもの、面白いものがたくさんあるなということで。

2003年の奄美パークで開催した『夜ネヤシマンチュ』は、奄美群島の青年団が200名ほどボランティアで集まってくれて、ちゃんと島の人たちで島の物事を扱って、あれだけ大きくたくさんの島んちゅで集えて、島を感じられるということを経験した時に、自分たちで自立というか色んなものを作っていけるんだなということの確信は得ることはできましたよね」

(麓憲吾さん)「音楽ってすごく人の思いを繋ぐ上でとてもいいメディアって言っていいのかわかりませんけども、島は本当にお客さんも歌い手も境がないというか、歌の原点みたいなものがまだ残っているんじゃないかなと思っていて」

奄美大島は、独特な音楽文化が受け継がれてきた島です。別名「唄の島」。例えば、民謡の「シマ唄」は、集落ごとに唄があります。祝いの場で、別れの時に…この島では、人が集まる時に歌は欠かせません。

(麓憲吾さん)「なぜ『唄島』かというところを考えた時に、そこに暮らす人々が共感を求めてる、共有だったり共感を求める気質が高いんじゃないかな。共有・共感するツールとして、歌がこれだけたくさん生まれ出てるんじゃないかなあ。人々が島で暮らして感じたことを歌で表現して、またそれに共感する人たちがいるっていう構図というのは、すごくこうやっぱり、豊かな空間だな、場だな、時間だなという風に思いますね」

そんな唄の島で始まったのが、「唄島プロジェクト」。世界自然遺産の登録を見据え、奄美に注目が集まる今こそ、音楽で島の人たちの心を一つにしようという取り組みです。

(麓憲吾さん)「自然や文化とどう向き合っていくのか、そして何を守り繋いでいくのかっていうことは、もっともっと、島んちゅのみんなで語り合っていかないといけないんじゃないかなあ。そういった事を考えるきっかけになればということで、島の唄者やアーティストたちと一緒に一曲の歌を作って」

麓さんの呼びかけで、奄美出身のアーティストたちがジャンルの垣根を越えて集まりました。作詞・作曲からレコーディングまですべて島で行うという、この一大プロジェクトから、「懐かしい未来へ」は生まれました。

(麓憲吾さん)「歌の力って日常的にもあるんじゃないかなーと。昔から島の人たちのDNAに、音に響く感覚みたいなもの、歌に響く感覚みたいなものが宿ってる気がして。歌を通してみんなに伝えていくことを行いながら、さらには未来のことを考えたいという。島で暮らす心地良さとか豊かさみたいなものをみんなで感じながら、ぶれない軸みたいなものをみんなで探っていきたいなーち思いますね」

#20 伊藤圭子さん前のページ

#22 中孝介さん次のページ

関連記事

  1. 100人のメッセージ

    #16 山下保博さん

    奄美市笠利町出身の建築家、山下保博さんです。…

  2. 100人のメッセージ

    #81 楠田 哲久 さん

    アナ:68年前、1953年、昭和28年の12月25日、終戦から8年間…

  3. 100人のメッセージ

    #79 副島 博 さん

    徳之島物産株式会社代表取締役の副島博さんにお話を伺います。…

  4. 100人のメッセージ

    #85 落合 佐和子 さん

    屋久島で暮らすアーティストの作品を展示販売するカフェ「ART&COF…

  5. 100人のメッセージ

    #94 富山 美希さん

    屋久島の南高平集落に2021年オープンした「a heavenly k…

  6. 100人のメッセージ

    #31 兵頭昌明さん

    かつて屋久島の原生林が大量に伐採された時代に反対運動を行った住民のひと…

ABOUT

やくしまじかん・あまみじかん100人のメッセージプロジェクトについて

自然の叡智あふれる島々には、人生観や価値観などを見つめなおし、新しい令和の時代を こころ豊かに生きていくヒントがあります。

MBCでは、テレビ開局60年の今年、「やくしまじかん・あまみじかん100人のメッセージ」プロジェクトに取り組みます。

奄美・屋久島をこよなく愛する島内外の人々100人に、島への思いを語っていただき、そのメッセージを県外、世界に発信します。

『やくしまじかん・あまみじかん100人のメッセージ』は、MBCテレビ『MBCニューズナウ』(月~金曜・午後6時15分~55分放送)で放送中です。

  1. 100人のメッセージ

    #1 解剖学者 養老孟司さん
  2. 100人のメッセージ

    #31 兵頭昌明さん
  3. 屋久島白川茶園の代表取締役白川満秀さん

    100人のメッセージ

    #57 白川満秀さん
  4. 「NPO法人徳之島虹の会理事長の政武文さん

    100人のメッセージ

    #54 政武文さん
  5. 100人のメッセージ

    #16 山下保博さん
PAGE TOP