ソリダゴ

今日は可愛らしいお花!
「ソリダゴ」を紹介します☆

やってきたのは日置市吹上町の松澤さんのハウス。
可愛らしい小さな黄色い蕾をたくさんつけたお花は「ソリダゴ」といって、鹿児島県が全国一位の生産量!!
冠婚葬祭の時に使われることが多く、最近ではお花屋さんのSNSでドライフラワーやフラワーアレンジメントに使われているのをよくみかけます。

松澤さんは以前サラリーマンとして働いていましたが、元々お花を育てるのが好きで農業ができる場所を探していて、日置市の募集をみて農業を始めたんだそう。

ソリダゴは植え付けから収穫まで夏場は2ヶ月から3ヶ月、冬場は4ヶ月から5ヶ月ほどかかります。
ビニールハウスの屋根から電球がたくさん並んでいて、こちらは夜中に3、4時間電照を付けて日中と同じ状態にして生育を促し、開花をコントロールするために使います。
収穫は花の先端が黄色く膨らんできたら根元からパチンとカットしていきます。
一本一本手作業なので集中力が必要でした…!

松澤さんに今後の目標を伺うと、今後は規模を拡大して安定的な出荷が出来るようにし、皆さんにもっともっとソリダゴを知ってもらいたいと話されていました☆

家族でお墓参りに行く機会も多くなるお盆には黄色い可愛らしいお花をつける「ソリダゴ」を手に取ってみてくださいね♪