褒めて伸ばす?

今週は「子どもを褒めて伸ばしたい」と思っているというお母さんからの質問です。

子どもを褒めて育てるという考えはある時期からありましたが、最近では褒めてばかりでは、育つことは難しいという考えかたになっているようです。

そこで、大事なのが、子どもたちには、「お手伝い」ではなく「仕事」をさせるということ。

お手伝いは、「お願い」をしていることになります。

そうではなく、家族の一員として、家族としての役割を果たすことが大事なんです。

例えば、遊んだあとの片付けは、自分の当たり前の仕事。

片付けまでが一連の仕事だという「ルール」を、子どもと一緒にしっかりと確認することが大事なんです。

小さい頃の教えは「一生もの」です。

とくに3歳くらいまでが重要なんです。

子どもは「褒める」ではなく、「認める」こと。

子どもが「できたー」と喜んでいたら、「すごいねー、いい子だねー」と言うと、子ども自体を褒めていることになります。

そうではなく、「出来てよかったね、片づけまでできて、お母さんは嬉しい」と共感しましょう。

そして、家族の中に自分の仕事があるということは、自分は家族の一員であるという自覚と共に、家族の役にたっているという喜びが生まれます。

この思いが、大きくなった時、世の中の役に立つ仕事がしたいという考えに結びついていくのです。

小さい頃の家庭での教育ってとても大切なんですね。

今週の放送はこちらから!

昴インフォメーション

小学6年生の皆さん、昴の中学準備講座が2月からスタートします。
今入学すると、入学金無料、さらに2月3月とも授業料無料のビッグな特典もあります。
昴の中学準備講座で、新中1へ好スタートを切りましょう。

番組へのメッセージをお待ちしております

  • 放送は毎週土曜日 17:00~17:10
  • ハガキ:〒890-8570 MBCラジオ「みちこ先生のニコニコ通信」係
  • Eメール: