言葉遣い

毎月最終週は礼儀作法を教えていただいています。

先月の言葉遣いで、「ひとつの文章に動詞が2つ以上入っている場合は、最後の動詞を尊敬語にする」

これ、とても役に立ちました!

ほかにも、気になっている言葉遣いがあるそうです。

それは「けれども」の使い方。

「けれども」が多い話し方、これは確かによく聞きます。

そもそも「けれども」の接続詞の意味をきちんと理解していないからです。

これは、逆説的な意味で使います。

「しかし」「でも」「だが」といった接続詞と同じような意味です。

みなさんも、ただただ普通の接続詞として使っていないか、考えてみてください。

「どこどこの駅に来ているんですけれども、雨はそれほど強くは降っていないけれども、風は出てきたようです」

これは間違いです。

そして、「けれども」には接続助詞としての使い方もあります。

多く使われるのは、言いさし後に続けて、ためらったり、相手の反応を待ったりする柔らかい表現。

「私はいいと思いますけれども・・・」

これは若い人が得意とする言い方ですね。

こういう言い方が、誤って接続詞として使われるようになったのかもしれませんね。

正しい日本語を使いたいですね。

今週の放送はこちらから!

 

昴インフォメーション

昴では、夏のスクーリングの8月からの受講申し込みも受付中です。
1学期の成績に不安を感じている皆さん、この夏でまだまだ挽回できます。
受験学年の皆さん、第一志望校合格はこの夏にかかってます。
お近くの昴の教室にお急ぎ下さい。

番組へのメッセージをお待ちしております

  • 放送は毎週土曜日 17:00~17:10
  • ハガキ:〒890-8570 MBCラジオ「みちこ先生のニコニコ通信」係
  • Eメール: