入試が変わる

今週は、こんなお便りが届きました😀

「大学入試改革についてラジオで知ったのですが、高校入試も変わるのでしょうか?そのばあい、家庭ではそうすればいいでしょうか?」

記述や考えさせる問題は多くなっています。2020年度の大学入試改革が広く知られるようになってきたので、来年以降の高校入試も、その傾向を受けて大きく変わっていくと考えます。

お便りを下さったお子さんは小学生ということですが、まだまだだと思いがちですよね。

でも中学受験にも大きな変化がでています。

例えば、私立中高一貫校の入試の特徴は、

1つは記述式の問題を含め、思考力や表現力をみる総合型の入試を導入している。

2つ目は入試科目に英語を入れる。

小学校に英語はないのに、私立中入試に英語を入れているのですね。

これは全てではないですが、こういう学校は、難関大学への合格者数を伸ばしています。

つまり、大学入試はずっと先のことではなく、もう中学入試の段階から始まっているんですね。

記述式だけではなく、国立大学の二次試験や私立大学のように個別の入試があります。

高校時代からの活動実績や、小論文、ディスカッションやプレゼンテーションなど・・・

「思考力・判断力・表現力」を中心とした「総合的な人間力」を見るのですが、そのためには「確かな基礎力」が必要だということ。

しっかりとした基礎基本がないといけません。

この続きはまた来月お伝えします。

今週の放送はこちらから!

 

昴インフォメーション

ゴールデンウィークが明けて5月13日は附小模試です。対象は年長さんです。
ペーパーテストと実技テストがあります。定員がありますので、申し込みはゴールデンウィーク前にお願いします。
また5月19日は鹿児島・宮崎の中高一貫模試、熊本の県立中模試です。
公立中高一貫校を目指す小6のみなさん、各県の出題形式や出題傾向に沿った模試にチャレンジしましょう。

番組へのメッセージをお待ちしております

  • 放送は毎週土曜日 17:00~17:10
  • ハガキ:〒890-8570 MBCラジオ「みちこ先生のニコニコ通信」係
  • Eメール: