加治木にタピオカのお店オープン!

加治木の商店街「かもだ想い通り」に今話題のタピオカのお店がオープンしました!!

そんな情報を聞き、早速行ってきました。

そこは薬局の隣にある小さなお店。

白を基調とした爽やかなお店で、これまたオーナーも爽やか!

永長隆大さんにお話を伺いました。

これまで千葉で仕事をしていた永長さん、

先祖が加治木ということで、住んだことがないこの地に薬局を開業したお父さんの隣にお店をオープン。

j自分もいずれは加治木に、ならば早いうちにと決断。

商店街に学生が行くような店舗があればもっと活気づくのでは?

そこで今注目を集めているタピオカに目を付けたとのこと。

近くには高校や専門学校などもあり、学生を中心に、家族連れの方、そして隣の薬局の客さんも来て下さっています。

初めてタピオカを食べます!という高齢の方も、タピオカと会話を楽しんでいるそうです。

こだわりは県内の素材を使うこと。

タピオカも手作りで、徳之島の黒糖で作っています。

ドリンクは3種類。

知覧茶、志布志の紅茶、そして加治木の桑茶。

牛乳や水にもこだわり、甘さも調節できます。

手作りのため、たくさん作れないのが今の課題。

忙しいときは、奥様も手伝いに入ります。

今後は、この商店街の空き店舗を埋められるくらい、盛り上げていきいたと話す永長さん。

今月オープンしたばかりですが、すでに話題のお店になっています。