100人のメッセージ

#77 田中 あゆみ さん

2021年秋、「量り売り&カフェaperuy(あぺるい)」をオープンした、田中あゆみさん。 

安房港から車で5分程のところに、田中さんが夫婦で営む「Ecovillage aperuy(エコヴィレッジ アペルイ)」があり、その一角にお店がある。

「Ecovillage aperuy(エコヴィレッジ アペルイ)」このエコヴィレッジとは、環境に負荷の少ない暮らし方に取り組むコミュニティのこと。広い敷地に無農薬の野菜作り、廃材と地元産材を使った家作りや塩作り、養鶏、ヤギ放牧、宿泊施設の経営などをしている。

2021年は、初めて敷地内で稲作に取り組んだ。

そして「aperuy(アペルイ)」とは、アイヌ語で「火がともる」という意味。敷地には焚き火を楽しめるスペースがある。

田中さんがこの暮らしを目指したきっかけは、学生時代に国際協力の勉強で訪れたマダガスカルの女性たちとの出会いに大きな影響を受けたから。水を汲み、薪を割って火をおこしてご飯を炊く。日本でも戦後まで見られた自然と調和した暮らしを自身で、営んでみたいと思った。そして、夫婦で屋久島に移住したのだ。

ところで、「量り売り&カフェ」とは…。田中さんは、共同購入を発展させたサービスで、できるだけゴミを出さないゼロウエイストという活動に取り組んでいる。利用者は空き瓶やタッパーなど容器を自分で持っていって、必要な分だけ購入する。店には、調味料・粉類・スパイス・ナッツ・乾物といった食品から洗剤まで、いろんなものが並んでいる。環境に負荷が少ないだけではなくて、個人で通販するよりも少し割安。店で客同士、調理法などの情報交換ができるのも魅力だ。カフェでは、植物性素材のお菓子が提供されている。

#76 後藤 慎 さん前のページ

#78 福澤 文香 さん次のページ

関連記事

  1. 100人のメッセージ

    #75 西村 千尋 さん

    アナ:伊仙町役場健康増進課、地域おこし協力隊で歩健学、歩く健康、学ぶ…

  2. 屋久島白川茶園の代表取締役白川満秀さん

    100人のメッセージ

    #57 白川満秀さん

    屋久島白川茶園の代表取締役白川満秀さんに話を聞いた。…

  3. 100人のメッセージ

    #23 宮崎緑さん

    奄美パークの園長・宮崎緑さんです。…

  4. 100人のメッセージ

    #41 池村茂さん

    徳之島の工芸作家で、自然保護活動にも取り組む池村茂さんです。…

  5. 100人のメッセージ

    #4 田平拓也さん

    屋久島の自然を新たな視点で撮影している田平拓也さんです。…

  6. 100人のメッセージ

    #1 解剖学者 養老孟司さん

    昆虫採集が趣味の養老孟司さんにとって屋久島は、とても大切な場所です。養…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ABOUT

やくしまじかん・あまみじかん100人のメッセージプロジェクトについて

自然の叡智あふれる島々には、人生観や価値観などを見つめなおし、新しい令和の時代を こころ豊かに生きていくヒントがあります。

MBCでは、テレビ開局60年の今年、「やくしまじかん・あまみじかん100人のメッセージ」プロジェクトに取り組みます。

奄美・屋久島をこよなく愛する島内外の人々100人に、島への思いを語っていただき、そのメッセージを県外、世界に発信します。

『やくしまじかん・あまみじかん100人のメッセージ』は、MBCテレビ『MBCニューズナウ』(月~金曜・午後6時15分~55分放送)で放送中です。

  1. 100人のメッセージ

    #90 豊村 友樹 さん
  2. 「NPO法人徳之島虹の会理事長の政武文さん

    100人のメッセージ

    #54 政武文さん
  3. 100人のメッセージ

    #21 麓憲吾さん
  4. #43 本坊酒造「屋久島伝承蔵」工場長 田中智彦さん

    100人のメッセージ

    #43 田中智彦さん
  5. 100人のメッセージ

    #96 御調 伸一郎さん
PAGE TOP