交通事故

むち打ち程度の交通事故でも、弁護士の先生に相談した方がいいの?(2019/9/2 OA)

相談者A
相談者A
むち打ち程度の交通事故でも、弁護士の先生に相談した方がいいの?
交通事故に遭い、たとえ加害者と揉めていなくても、一度弁護士に相談されることをおすすめします。ケガの状態によっては後遺障害の申請をする必要がありますし、今は問題がなくても今後の治療費のことなどで保険会社と揉めてしまうこともあり得ます。手続きを適正に進めるためには早めに弁護士に相談することが大切です。
しかも弁護士に相談すると、賠償額を増やすことができる可能性も高くなります。当事務所では相談料も着手金も無料で行っていますので、どうぞ安心してご相談ください。
弁護士 平松剛
弁護士 平松剛

サービス業だと、残業代が出ないのは当たり前?(2019/8/26 OA)前のページ

免許とりたての方必見! 交通事故に遭ってしまったら、まず何をすべき?(2019/9/9 OA)次のページ

関連記事

  1. 交通事故

    専業主婦でも交通事故に遭ったら「休業損害」を請求できるの?(2019/9/30 OA)

    「休業損害」とは、交通事故の怪我が理由で休業を余儀なくされたため、…

  2. 交通事故

    免許とりたての方必見! 交通事故に遭ってしまったら、まず何をすべき?(2019/9/9 OA)

    免許とりたての方必見!交通事故に遭ってしまったら、まず何をすべき?…

  3. 交通事故

    交通事故にあったら、何に気をつけたらいいの?(9/7 OA)

    交通事故で怪我をした場合、まずは人身事故として処理してもらうように…

  4. 交通事故

    交通事故で弁護士に相談すると、相談料はどのくらいかかるの?(9/28 OA)

    当事務所では、交通事故の相談料も着手金も無料ですので、どうぞ安心し…

  5. 交通事故

    治療中なのに、加害者の保険会社から示談交渉をされた! これってまだ早いの!?(2019/9/23 O…

    治療中なのに、加害者の保険会社から示談交渉をされた!これってまだ早…

  6. 交通事故

    加害者の保険会社との示談交渉をするタイミングはいつがいいの?(9/21 OA)

    交通事故の怪我でまだ治療中にも関わらず、加害者の保険会社から示談交…

アーカイブ

関連リンク

平松剛法律事務所
PAGE TOP