ノーベル化学賞

今年も日本人のノーベル賞受賞者が出ました。

ニュースでも多く取り上げられましたね。

受賞した吉野彰さんは、リチウム電池の画期的な開発をしました。

多くの人が持っているスマートフォンやパソコン、電気自動車などに使われているリチウム電池、

この功績が認められ、2人の海外の科学者と共に受賞しました。

小さくてパワーのある電池が世界中で活躍しているんですね。

では、吉野さんはどんな子供時代を過ごしたのでしょうか?

理科に関心を持ったのは、小学4年生の時、化学を専攻していた担任の先生に紹介された1冊の本だったそうです。

その本がイギリスの物理学者であり化学者のファラデーによる「ロウソクの化学」。

この本を読んだ吉野少年は「ロウソクはなぜ燃えるのか、炎はなぜ黄色いのかといった内容で、こども心に化学は面白そうだな」
と思ったそうです。

この本は講演集で語りかける口調になっているので、とても読みやすくなっています。

吉野さんは、粘り強さと柔軟な発想が大事だと話しています。

本から学ぶこと、先生との出会いと本が吉野少年の「心に灯をともす人」だったんですね。

今週の放送はこちらから!

昴インフォメーション

11月16日は鹿児島、宮崎の中高一貫校模試、熊本の県立中模試です。
各県の公立中高一貫校を目指す小6の皆さん、各県の出題形式や出題傾向の沿った模試にチャレンジしましょう。

番組へのメッセージをお待ちしております

  • 放送は毎週土曜日 17:00~17:10
  • ハガキ:〒890-8570 MBCラジオ「みちこ先生のニコニコ通信」係
  • Eメール: