山口プロモーション

8/18 山プロ「ご当地レトルトカレー」

「ご当地レトルトカレー」

残暑が厳しいですが、みなさん夏バテしていませんか?夏バテの原因は室内外の温度差による自律神経の乱れや熱帯夜による睡眠不足なんだそうです。夏バテになると疲労感やだるさがあったり食欲がなくなったりします。栄養をしっかりとらないと、ますます体調が悪くなってしまいますので、三食しっかり食べてもらいたいものです。
また、夏休み期間中、お母さんはお昼ごはん何にしようか迷ってしまいますよね。お昼くらいは楽をして簡単に美味しいものが食べられるといいですよね。
今回の山口プロモーションでは「ご当地レトルトカレー(県内での扱い有またはお取り寄せ可)」ご紹介します。
まさに海の男のカレー「大間マグロカレー」(青森県)
マグロが有名な特産品の青森県大間町(おおままち)のご当地カレー「大間マグロカレー」です。ブラックダイヤモンドとも言われる大間のマグロは油の乗りの良さ、そして深い味わいの赤身が特徴です。大間のマグロが一番美味しい時期秋から年始めの寒い時期に取れたものを使用しています。シーフードカレーの中でも贅沢な一品となっているのではないでしょうか。辛口カレーに大きなマグロがごろっと入っていますよ。

 

東北人のソウルフード、これからがシーズンが始まります「いも煮カレー」(山形県)
山形県や宮城県の郷土料理いも煮をスパイシーなルーで煮込んだ和風仕立てのご当地カレーです。秋の風物詩いも煮会。これからシーズンを迎え東北の河原や公園、山などはいも煮客でにぎわって行くのでしょう。最近では、いも煮会のシメにカレールーを加えて、カレーうどんにするのが流行っているということで、このいも煮カレーが開発されたそうです。大きな里芋、牛肉(山形風:牛肉醤油味・宮城風:豚肉味噌味)、こんにゃく、ネギ、しめじと具沢山となっています。ご飯にかけても、うどんを入れても、醤油和風だし風味なのでそばを入れても美味しそうですね。

 

豪華絢爛なきらきらカレー「古都金沢カレー」(石川県)
金沢の伝統工芸品「金箔」が入った華麗なカレー「古都金沢カレー」です。古くから中国では金箔は万能薬として使われてきたそうですよ。そして金沢カレーというとカレー好きな人の中では歴史があり美味しいと有名なようですよ。昔ながらの金沢カレーは濃厚でどろっとしていてキャベツの千切りととんかつがトッピングされていて、たっぷりのカレーそしてソースもかかっているそうです。そんな金沢カレーに金箔がトッピング用に別に同封されています。仕上げに金箔をトッピングして優雅にカレーをいただけますね。

 
富(ふ)有(ゆう)柿(がき)たっぷり「柿カレー」(和歌山県)
和歌山県の特産品のひとつに珍しいフルーツカレー「柿カレー」がありました。柿の実と柿のピューレが入っていますよ。柿の生産量は和歌山県が日本一!和歌山県の富有柿を使用しています。富有柿は九度山町(くどやまちょう)の名産で、百貨店などでは1玉1000円で売られているほどの、ブランド柿です。柿カレーは和歌山県のホームページにもレシピが掲載されています。皮をむいて冷凍しておけば年中使えますよ。柿の甘さでカレーがまろやかになり、ペクチンという成分でまったりした口当たりになるそうです。

 

海のミルクたっぷり「牡蠣カレー」(広島県)
柿カレーの次に牡蠣カレーをご紹介します。瀬戸内海名産「広島牡蠣」使用の牡蠣カレーは炒めた玉ねぎや牛乳、バター、ココナッツで仕上げたまろやかで濃厚な牡蠣の旨味が凝縮されています。パウチを開けると牡蠣の香りがしてくるカレーは「広島牡蠣」が贅沢にたくさん入っています。また熱を加えるとしぼんでしまう印象が強い牡蠣ですが、こちらは見た目も食感もプリプリでごろっと入っています。

 

下関名物ふく(ふぐ)をだしにも使用したカレー「ふくカレー」(山口県)
ふく食解禁の地、日本一のふくの街、下関にはふくカレーがありました。去年、そして今年と平成の薩長同盟番組担当し山口県下関市で取材をしてきたのですが、下関には様々なふく料理がありました。お刺身や鍋はもちろん、唐揚げ、しゃぶしゃぶ、湯通ししたものを乗せた丼ぶりなどもありましたよ。そんなふくのカレーです。サラサラのルーにふくがたっぷり入っています。味はふくのダシが凝縮した和風味でとても上品な仕上がりとなっています。

 

たくおさんもだいすきなゴーヤー「ゴーヤーカレー」(沖縄県)
最後にご紹介するのはたくおさんも大好き、そして夏は必ず食べるという方もいらっしゃるのではないでしょうか「ゴーヤーカレー」です。レシピも検索するとたくさん出てきますので、ご家庭でゴーヤーカレー作っている方もラジオお聴きの方でいらっしゃるかも知れません。沖縄の元気のもとゴーヤーはビタミンCを多く含み、また隠し味のパイナップルが、ゴーヤーの苦味をまろやかにしています。コクのあるルーの中にゴーヤーやジャガイモなどの野菜が入った、うまみのある味わいが特徴となっています。
カレーの話をしていたらカレーが食べたくなりました。

様々な具材が入っていて栄養を取れるのはもちろん、汗をかいて清涼感が得られる、クーラーを浴びたことによる冷えの解消など、夏にカレーを食べるといいことがたくさんあるようですよ。

MBCラジオ『青だよ!たくちゃん!』8/25のテーマは?前のページ

9/1のテーマは?次のページMBCラジオ『青だよ!たくちゃん!』

関連記事

  1. MBCラジオ『青だよ!たくちゃん!』

    山口プロモーション

    4/11 山プロ「最新ボードゲーム」

    「最新ボードゲーム」 お休みの日もお家にいる時間が増えたと思います…

  2. MBCラジオ『青だよ!たくちゃん!』

    山口プロモーション

    3/27 山プロ「さくらソング」

    「さくらソング」 このコーナーは私 山口真奈が話題のものや気になっ…

  3. 「2017 春ファッション」

    山口プロモーション

    「2017 春ファッション」

    3月に入りました。あっという間に洋服やさんもピンクや黄色など明るい…

  4. MBCラジオ『青だよ!たくちゃん!』

    山口プロモーション

    3/13 山プロ「サンドイッチ」

    「サンドイッチ」 このコーナーは私山口真奈が世の中で流行っているも…

  5. MBCラジオ『青だよ!たくちゃん!』

    山口プロモーション

    8/14山プロ「世界の魅力的な離島」

    今週MBCでは奄美スペシャルウィークを展開しています。先月ユネスコの世…

  6. MBCラジオ『青だよ!たくちゃん!』

    山口プロモーション

    10/24 山プロ「コロナ禍のハロウィーン」

    「コロナ禍のハロウィーン」10/31(土)はハロウ…

リクエスト&メッセージ

番組では、メッセージやリクエストを募集しています。ハガキ、ファックス、メール、投稿フォームからメッセージをお送りいただけます。お気軽にご参加ください。

ハガキ
〒890-8570 MBCラジオ 「青だよ!たくちゃん!」係

メール
ao@mbc.co.jp

radikoで番組を聴く

パソコンやスマートフォンで無料でラジオが聴けるサービス「radiko」

最新の放送を聴く

公式Twitter

榮德多賀子のおでばい中

「青たく」放送中の午後1時台、午後3時台の計2回、MBCタレント榮德多賀さんが、県内あちこちおでかけして、鹿児島の「あんなコトやこんなコト」を、「あげな調子」でご紹介。

ちなみに・・「おでばい」というのは、かごしま弁で「楽しいおでかけ」の事。

また、おでばいスタッフ と 「投稿写真」係も兼ねているレポーターの平山琴実さんが「おでばい先」から青たくInstagramに画像や、動画をアップしていますよ。こちらも併せてお楽しみください!

バズってかごしま

バズってかごしま

鹿児島のWEBメディア「KAGOSHIMANIAX(カゴシマニアックス)」の管理人「僕氏」こと、中園信吾さんに、ネットの世界で話題になっている「鹿児島の今」をご紹介していただきます。

ホームページ
http://www.kagoshimaniax.com/
Twitter
@Kagoshimaniax

PAGE TOP