100人のメッセージ

#86 時田 浩代 さん

奄美ポイントライン取締役の時田浩代さんです。

ふるさと納税について調べていたところ、「宇検村スパイスカレー車海老」というレトルトカレーを発見しまして。

この宇検村スパイスカレー車海老というのは、どのようなきっかけで作られたんでしょうか?

はい。奄美のお土産の幅を広げたいなあという思いがありまして、これまで奄美の黒糖やタンカンを使ったナチュラルソープとか、キャンドルを作ってきました。

この宇検村スパイスカレー車海老を作るきっかけになったのは、名古屋に出張した際に、友人から業者さんを紹介してもらいました。その業者さんというのが、レトルトカレーの売り上げの上位1位~10位の中の8種類を作っていて、これは凄いということで、「宇検村カレーも作ってくださいよ」なんて冗談のような本気のようなところから本格的に着手しました。宇検村の宇検養殖の協力などもいただきまして、宇検村スパイスカレー車海老をリリースするに至りました。業者さんを紹介いただいたのが、去年の6月で、11月には納品ができたので、トントントンとわずか5ヶ月ぐらいの中で、世の中にデビューさせることができました。

パッケージを拝見しましたところ、車海老が本当にゴロっと入っているようなイメージがあるんですが。

そうですね、1袋に有頭の殻付きの車海老が4尾入っていまして、これはあまり探してもないということで、堂々と極上の車海老スパイスカレーということでやらせていただいています。

豪華ですね。丸ごとエビの風味を味わうこともできるわけですね。

はい、程よい辛さです。

ふるさと納税の中に入っているということで、全国からもどうですか?いただいた方の評判というのは?

反響も良くて、いろいろな方が買われていきました。そういうこともありまして、東京にレトルトカレーミュージアムという会社があるんですけれども、JRの駅で、カレーミュージアムというのをやっているんですけれども。そこでも取り扱っていただき、かなりの反響いただいております。

名前に宇検村という文字が入っていることで皆さん、宇検村ってどこにあるの?どんなところなんだろう?と興味を持ってもらえそうですね。

はい。やはり、宇検村と付けたかったので、これが読めない方も結構いらっしゃるんですけど。読めない方が多くて何て読むの?というきっかけから、宇検村を知ってもらうっていう。そういうこともあったりですとか、またそこから宇検村てこういうところなんだよっていうアピールもできるので、良いきっかけかなと。

時田さんご出身は宇検村ですか?

宇検村ですね。18歳で奄美を出て、東京で30年強。たくさんの仕事をしながらいろいろな方に携わりながら頑張っております。

今は宇検村にまた帰っていらっしゃったということなんですよね。

今回はそうですね。お正月とお仕事も兼ねてということになります。

奄美ポイントラインのお仕事に携わるきっかけは何だったんですか?

30年前から私の口癖が「世界の中心は宇検村だ」ということを言っておりまして。友人の紹介で知り合った今の社長の曽根という者がおりまして、その曽根が、私があまりにも「宇検村、宇検村、奄美、奄美」と言ってるもので、そこに興味を持ちまして。

「じゃあ一緒に奄美・宇検村を盛り上げようか」ということで、海外のフルーツ店に奄美の甘味を出したりとか、コロナ禍ではマスクや医療物資など奄美に届けたりなどしまして、昨年の1月にこの株式会社奄美ポイントラインを立ち上げました。

アナ:

「世界の中心は宇検村だ」というこの言葉は、とてもインパクトが強いんですけれども、どんなところからこの言葉を?

全くその意味はないんですけど。口癖といいますか、結構30年前とかって、奄美をあんまり知らない人が東京などは多くて。なので、どこ出身?とか、最初の友達になるきっかけが、奄美大島の宇検村なんだって。宇検村っていうのは、世界の中心なんだよっていうところから、冗談からなんですけど、そこから皆さん興味を持って、何それどこ?みたいな、そういうことを1人そういう運動をしていました。

アナ:

時田さんが生まれ育って、東京に行くまでのその18年間というのは、いかに密度が濃かったかということなんですね。

そうですね、大好きな土地ですね。

それから東京で30年お仕事をされてきたということですけれども、このコロナ禍で変わったなと思われることってどんなことですか?

やはり今まで都市部に集中していた人・物・金っていうものが、このコロナをきっかけに、地方に分散するようになって、どこでも仕事ができるようになったと思います。

地方がアンテナとなって発信していく、追い風の時代になったなということで、この風に乗って奄美大島宇検村の評判を広めていきたいです。第二弾のレトルトカレーもただいま試作中です。

どのようなものなんでしょうか?

イノシシのレトルトカレーを作ろうということで、先日試食会をしたんですけれども。かなり美味しくて大好評で、宇検村スパイスカレー車海老とともに、奄美ポイントラインの商品の二大巨頭になりうることは間違いなしだなという感じに仕上がっています。これはこうご期待という感じがありますね。

豊かさとはどのようなことだと感じていらっしゃいますか?

本当にたくさんの方との出会いで今の自分があると思っておりまして、これまで選んできたものの集大成が今の自分であって、それをとても気に入っているので、本当にこれがいいとか、これがやりたいと思ったことができることが豊かさかなと思っています。

感謝を忘れずこれからも、何と出会ってどんな人と出会えるのかワクワクしながら楽しんでやっていきたいなと思っております。

#85 落合 佐和子 さん前のページ

#87 池田 恵 さん次のページ

関連記事

  1. 100人のメッセージ

    #7 京大総長・山極壽一さん

    京都大学総長の山極壽一さんです。山極さんはゴリラの研究者として知られて…

  2. 100人のメッセージ

    #50 荒田知宏さん

    Kitchen HUB Dining 荒田 知宏(あらた と…

  3. 100人のメッセージ

    #24 石川直樹さん

    世界を旅する写真家・石川直樹さんです。…

  4. 「奄美大島エコツアーガイド連絡協議会」 会長・喜島浩介さん

    100人のメッセージ

    #42 喜島浩介さん

    WEBサイト「#あまみじかん」奄美大島エコツアーガイド連絡協議会の会長…

  5. 100人のメッセージ

    #76 後藤 慎 さん

    屋久島観光協会の会長で、THE HOTEL YAKUSHIMA OC…

  6. 100人のメッセージ

    #26 村田兆治さん

    元プロ野球選手で全国の島々で少年野球教室する村田兆治さんです。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ABOUT

やくしまじかん・あまみじかん100人のメッセージプロジェクトについて

自然の叡智あふれる島々には、人生観や価値観などを見つめなおし、新しい令和の時代を こころ豊かに生きていくヒントがあります。

MBCでは、テレビ開局60年の今年、「やくしまじかん・あまみじかん100人のメッセージ」プロジェクトに取り組みます。

奄美・屋久島をこよなく愛する島内外の人々100人に、島への思いを語っていただき、そのメッセージを県外、世界に発信します。

『やくしまじかん・あまみじかん100人のメッセージ』は、MBCテレビ『MBCニューズナウ』(月~金曜・午後6時15分~55分放送)で放送中です。

  1. 100人のメッセージ

    #62 浜田 太さん
  2. 100人のメッセージ

    #22 中孝介さん
  3. 100人のメッセージ

    #14 寺川綾さん
  4. 100人のメッセージ

    #17 池田綾子さん
  5. 100人のメッセージ

    #85 落合 佐和子 さん
PAGE TOP