「NPO法人徳之島虹の会理事長の政武文さん

100人のメッセージ

#54 政武文さん

Q「NPO法人徳之島虹の会理事長の政武文さんにお話を伺います。世界自然遺産登録おめでとうございます。徳之島の皆さんの反響はいかがでしょうか?」

徳之島で今一番最もホットな話題はなんといっても、島の自然が世界自然遺産に登録されたことです。奄美群島国立公園という日本の宝であった自然が今回、世界の人類共通の宝として認められました。4島の島民と共に喜びを共有したいと思います。

Q「今回、奄美沖縄が世界自然遺産として登録された理由について、改めて教えて下さい。」

徳之島を含む奄美大島、沖縄島北部、西表島の4島は亜熱帯地域と呼ばれ、温暖な気候です。

照葉樹林の森が広がり、その森には、アマミノクロウサギ、ヤンバルクイナ、イリオモテヤマネコなど、それぞれの島を象徴する固有種、その他にも数多くの希少種絶滅危惧種の動植物が生育しています。
このように、生物多様性に富んだ自然豊かな島々であるということから、登録が実現しました。

Q「徳之島の中での世界自然遺産エリアというのは、どのようなエリアですか。」

世界自然登録エリアはですね、主に陸域です。その中でも、森林区分がエリアとなっています。徳之島には井之川岳と天城岳という大きな高い山が2つあって、その山から広がる中腹、麓に数多くの動植物が生息しています。

Q「NPO 法人徳之島虹の会の理事長として、政さんは活動していますが、主な活動を教えて下さい。」

徳之島虹の会は2011年に設立され、今年で活動10周年を迎えています。
現在の会員数は約100名です。島の子どもたちや、自然、文化を島の宝と捉えて、青少年健全育成活動、自然保護活動、伝統文化の継承活動に取り組んできました。

近年は特に世界自然遺産登録を推進する観点から、自然保護活動に力を注いできて、エコツアーガイド活動にも取り組んでいます。祖先から引き継がれて、世界の宝となったこの島の自然を100年後、1000年後の未来にバトンを渡すとの思いで今後も活動していきます。

虹というのは、徳之島の方言で仲間たちという意味で、仲間のことを「にじにじ」と言います。その島を愛する仲間が集まって、未来にバトンしていけたらいいなということで、レインボーの虹と掛け合わせて虹の会と命名されました。

Q「虹の会の皆さんは今、徳之島の子どもたちに島の案内をしてるのですね?」

この島を担うのは、今の子どもたちです。子どもたちに、この島の宝を伝えていくことが、将来にわたってこの島が豊かな島であるということを、引き継いでいくことに繋がります。子どもたちを中心に自然観察体験であったり、自由研究の手伝いをしたり、子ども中心の活動も重点的に行っています。

Q「この時代を生きていく上で豊かさというのは、どのようなことだと感じていますか?」

現代は、物が溢れてる物質社会で、生活するには非常に便利な時代です。また、デジタル情報時代で、瞬時に情報が世界で共有され、ともすれば生活スタイルも画一的に向かっている気がします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

徳之島もその例にもれず、生活スタイルが徐々に都会化しています。そのような物質的に満たされた生活ではなくて、やはりこの自然を感じることができる。自然から得られる心のゆとりや充足感だと。それが豊かさだと思っています。

深尾結生#53 深尾結生さん前のページ

#55 田中智彦さん次のページ本坊酒造、屋久島伝承蔵の工場長、田中智彦さん。

関連記事

  1. 100人のメッセージ

    #81 楠田 哲久 さん

    アナ:68年前、1953年、昭和28年の12月25日、終戦から8年間…

  2. 100人のメッセージ

    #51 浅尾朱美さん

    宇検村「とよひかり珈琲店」浅尾 朱美さんQ:奄美の世…

  3. 100人のメッセージ

    #69 小野 恭一 さん

    Q:鹿児島県歴史美術センター黎明館学芸員の小野恭一さんに話を聞きます…

  4. 100人のメッセージ

    #89 肥後 尚樹 さん

    屋久島空港の近くで離島医療の灯を消したくないというとの思いで、「みん…

  5. 100人のメッセージ

    #97 川田志穂さん

    JAC日本エアコミューター客室乗務員の川田志穂さんです。客室乗務員と…

  6. 100人のメッセージ

    #12 加藤真守さん

    東京のIT企業に籍を置きながら家族で奄美大島に移住した加藤真守さんです…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ABOUT

やくしまじかん・あまみじかん100人のメッセージプロジェクトについて

自然の叡智あふれる島々には、人生観や価値観などを見つめなおし、新しい令和の時代を こころ豊かに生きていくヒントがあります。

MBCでは、テレビ開局60年の今年、「やくしまじかん・あまみじかん100人のメッセージ」プロジェクトに取り組みます。

奄美・屋久島をこよなく愛する島内外の人々100人に、島への思いを語っていただき、そのメッセージを県外、世界に発信します。

『やくしまじかん・あまみじかん100人のメッセージ』は、MBCテレビ『MBCニューズナウ』(月~金曜・午後6時15分~55分放送)で放送中です。

  1. 100人のメッセージ

    #74 局 盛博 さん
  2. 100人のメッセージ

    #19 柏木広樹さん
  3. 奄美市立奄美博物館学芸員の平城達哉さん。

    100人のメッセージ

    #56 平城達哉さん
  4. 100人のメッセージ

    #80 稲葉 亜矢子 さん
  5. 100人のメッセージ

    #15 林家彦いちさん
PAGE TOP