水菜

今回やってきたのは、鹿児島市にある「アグリタウン小山田」。およそ7万平方メートルの敷地に並ぶ254棟のハウスで色々な農産物を栽培しています。今回は、水菜やほうれん草を育てている田中さんを訪ねました!

アグリタウン小山田の水菜は、普通の水菜と違い苦味が少ないので、そのまま生で食べられるのが特徴!田中さんオススメの食べ方は、冬場はお鍋!
夏場はぶっかけうどんに入れたり、冷しゃぶと一緒に食べるとさっぱりとしてとっても美味しいんだそう♪
一年中食べられる水菜は、夏場は葉の成長が早いため収穫までおよそ30日、冬場はじっくりと成長していくので、およそ60日。そのため、夏と冬では茎の太さが異なり、それぞれ違った食感が楽しめます☆

田中さんのこだわりは「土づくり」!
アグリタウン小山田は土壌に合わせた肥料を作っていたり、有機石灰や完熟堆肥を使って土づくりをしているそう!またハウスごとの癖を見分けながら水分管理をするところが大変な所なんだそうです。
収穫を体験させて頂くと、ハサミで根を切った時からシャキシャキとしていて、みずみずしくて美味しそう~♪アグリタウン小山田の水菜は6月から9月頃まで出荷されます!

田中さんに目標を伺うと『他の県の農家さんに負けないように、自分たちのような若い農家が協力し合いながら、頑張って取り組んで行きたい!』とおっしゃっていました☆
安心安全な野菜を届けようと、思いを込めて栽培されている『水菜』!ぜひ食べてくださいね~!