マンゴー

今回のたわわのわは、あま~い「マンゴー」を紹介します☆
さつま町でマンゴーを育てている松比良さんは、マンゴー農家になって8年目。とっても明るい太陽のような方で、マンゴーの出荷時期を伺うと「今でしょ!」の答え!今年は例年より3~4週間程早かったそうで、4月中旬から6月下旬まで出荷出来るそうです。

育てているマンゴーの品種は「アーウィン」、熟すと赤くなることから別名「アップルマンゴー」とも呼ばれています。熟して食べ頃になると実が自然に落ちてくるので、ハウスの中のマンゴーにはひとつひとつネットがかけてありました。
私もネットを外して収穫するお手伝いをさせて頂きました☆ずっしりと重いマンゴーは、つやつやであまぁ〜い香りがします♪

松比良さんに食べやすい切り方を伺いました。
マンゴーの下の辺りにポコっとおへそのようなでっぱりがあるので、それを下に向けて、真ん中に1センチ程の板状の種があるのでそれを避けるように切り込みを入れ、食べやすいようにさいの目状に切り込みを入れて皮を押し上げると見た目も華やかに!
採れたてのマンゴーはとろける柔らかさとぎゅっと凝縮された甘さで幸せな味!!

今後はさつま町のマンゴーの知名度を上げるために、PRや加工品作りに力を入れたいとおっしゃっていました!
みなさんもさつま町のマンゴー、ぜひ食べてくださいね☆