鹿児島県農産物PR

先月30日、九州全県を巡る観光列車「36ぷらす3」が曽於市の大隅大川原駅に到着。
そちらで曽於市観光協会・JAそお鹿児島・経済連が一緒におもてなしイベントで農産物をPRしました!

このイベントへの参加の理由は、新型コロナウイルスの影響もありJR九州から色々なイベントの話もあったが、「36ぷらす3」という観光列車が運行するということで、参加を決めたそう。
おいどん隊がダンスを披露したり、乗客の皆さんにみかんとレシピ、ジュースを配りました。
また、イベント中のクイズ大会で正解した方には野菜詰め合わせのプレゼントも行いました!

クイズ大会で農産物をゲットした乗客の方にお話を伺うと、兵庫県からお越しの方。
とっても喜んでいて、売っているのであれば地元でも鹿児島の野菜を食べたい!と話して下さいました☆

曽於市観光協会の柏木さんも、そお星人と一緒に曽於市をPR!
「経済連のみなさんと一緒にPRが出来て楽しかった。
美味しいものや、綺麗なところもたくさんなので、ぜひ曽於市に遊びに来てください!」

大隅大川原駅での観光列車のおもてには、毎回地元のお店も参加し、商品などを販売しています。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、試食宣伝など大きなイベントが出来ない中、今回のようなイベントに参加したり、リモートでの活動など色々取り組んでPRしていきたい!と経済連の方も話されていましたよ♪