• シエルブルー鹿屋(自転車)
  • おおすみ・鹿屋から東京五輪・世界の舞台を目指す自転車のプロチーム Ciel Bleu KANOYA(シエルブルー鹿屋)応援コーナーです。

冨尾がチーム最高成績の4位入賞! シエルブルー鹿屋

日本の自転車ロードレースの最高峰「Jプロツアー」の第7戦が6月12日に群馬で行われ、シエルブルー鹿屋の冨尾大地選手(錦江町出身/鹿屋体大卒)が、チーム過去最高成績となる4位入賞を果たしました。また冨尾選手は、終盤単独で飛び出すなどの積極的な走りが評価され「敢闘賞」も受賞しました。

「Jプロツアー」の第7戦は群馬サイクルスポーツセンターで行われ、1周6kmの周回コース(サーキットコース)を27周・162kmで争われました。
レースは、序盤から、どのチームも積極的に動く展開になります。シエルブルー鹿屋勢(8名で1チーム)も他チーム同様に動きを見せますが、レースの流れを動かすような決定的な動きとはなりません。5周目には各チームの有力選手を含む逃げ集団(レース中に前に出て、動きを作るメンバーの集団)ができ、シエルブルーからは石橋と冨尾が加わります。その集団では、チーム同士が協調してメイン集団(先頭集団(逃げ集団)の後ろに形成される一番大きな集団)との差を拡げていきます。すると、ある程度のタイム差がついたところで、再び先頭集団ではアタック合戦(さらにレースを動かすために前に出る戦法)が始まります。シエルブルーもその中に加わり、石橋を中心に、代わるがわる選手が飛び出しを試みますが、中々決まりません。終盤、冨尾が単独で飛び出すとタイム差が1分にまで拡がります。

このまま冨尾が逃げ切るかと思われましたが、ラスト3周で、追いかけてきた3名に捕まります。そして、その中から飛び出したマトリックスパワータグ(現在チームランキング1位)の小林海選手が優勝。
一時はトップに立った冨尾選手は2分13秒遅れの4位でしたが、終盤の積極的な走りが評価され、初めて「敢闘賞」を獲得し、表彰台に立ちました(チーム初の表彰台)。
結局、レースは出走101人中、完走できたのが41人というサバイバルレースになり、シエルブルー鹿屋では冨尾選手の他に10位に石橋学選手、22位に大河内将泰選手、30位に真鍋諒太選手と4人が完走しました。
(選手情報はこちらから → シエルブルー鹿屋 国内最高峰の自転車レース参戦決定!

Jプロツアー参戦1年目のシエルブルー鹿屋としては、初めて「表彰台」が見えたレースとなり、今後への期待が高まる結果となりました。


レース後、冨尾大地選手は
「今シーズンで最も調子が良かった。早い段階からの逃げにチームメイトの石橋さんと二人で乗れたが、マトリックスなど4名乗ったチームもあり、自分から動くしかなかった。メイン集団(後ろから追いかける大集団)に、4分程度の逃げが決まってからは、石橋さんが何回もアタックをかけてくれて、集団の動きを鈍らせてくれた。思い切って飛び出した単独アタックは集団に1分差をつけ、優勝も狙えると思い必死にペダルを踏み続けたが、最後につかまってしまった。いつもならそこで諦めるところだったが、「今日はシエルブルーの力を見せる日」と心に誓い、フィニッシュまで粘って4位となった。難しく厳しいレースだったが、敢闘賞にも選んでいただき、シエルブルー鹿屋をアピールできて嬉しい。シーズン中(約20レース)に1勝を挙げることがチームの1年目の目標だが、確実に近づいたと感じているので、応援頂く鹿児島の皆さんのためにも、自信を持って次も戦いたい。」とコメントしています。

なおシエルブルー鹿屋の次のレースは、7月4日に広島で行われる「第55回 JBCF西日本ロードクラシック広島大会」です。

 

関連記事一覧