薩摩川内市里町・長目の浜

今回の舞台は薩摩川内市里町の長目の浜。
甑島の北西部の山裾が時間をかけ風や波により崩れ作られた幅50メートル、長さ約4キロにわたって続く砂州。島津光久公が巡視の際に「眺めの浜」と命名し、その景観をほめたことが名前の由来といわれています。自然の造形美を眺める空の旅へ案内します。

撮影:県かごしまPR課