山口プロモーション

3/30 山プロ「平成のファッション」

「平成のファッション」

「山口プロモーション」このコーナーはいま、流行っているものや話題の人について、わたくし山口真奈がたくおさん、そしてリスナーのみなさんにプロモートするコーナーです。

きょうは、「平成に流行ったファッション」についてご紹介します。いよいよ次の月曜日4/1に新元号発表されますね。先々週このコーナーでは「平成に流行ったスイーツ」をご紹介しましたが、今週はファッションをテーマに平成を振り返ってまいりますよ!

平成元年~平成3年頃:バブル(ゴージャス)ファッション(山口:生まれていません)
平成元年(1989年)はバブル景気 真っ盛りでした。高級志向が高まり、また、海外旅行ブームや円高による輸入商品の割安感からインポートブランドのブームも到来しました。女性は「ボディコンシャス」(肉体を意識するという意味で、からだにぴったりそわせたスーツやワンピース)男性は「ソフトスーツ」(オーバーサイズ気味に作られたルーズシルエットが特徴。)ブームが起きました。

平成4年~平成9年頃:第1次のギャル系ファッション(山口:1歳~小学校1年生)
バブル崩壊後の長く続く不況に突入し、バブルの頃の高級志向から低価格のものが人気となりました。また、これまでは20代の女性がファッションの中心でしたが、ルーズソックス、厚底ブーツ、ミニスカートの登場によりこれ以降、女子高生のファッションが中心となっていきました。ギャルファッション(girlのアメリカ英語の俗語が由来)が登場し、細い眉毛に茶色い髪、髪の色に合わせたブリーチなども流行りました。(安室奈美恵さんやカリスマ美容師が人気に)男性では「フランス人の日常着」=フレンチカジュアルやクラブミュージックの人気の影響もあって、70年代調のファッションや古着も着られるようになりました。(小学生の頃、厚底スニーカー(スニーカーなのは小学生らしいですね。)やルーズソックス風靴下、ソックタッチ(靴下が下がらないようにするもの)流行りました。)

平成11年~15年頃:細分化されていくファッション(山口:小学生)
この頃から、現在言われているような○○系ファッションといったものにカテゴライズされていきました。コンサバ系(conservativeの略。エレガントで主張の控えめな服装)裏原系(裏原宿系の略。ストリートカジュアル=大きめのパーカーやキャップなど)、そして第2次ギャル系ファッション(渋谷を中心に独自に発展していったファッション。ファッションビル109の人気など)原色の服や頭に花飾りをつけたり、目の周りを囲むメイク、日焼けした肌など。そしてヘアカラーが一般的にもなりました。一方、男性とともに「ユニクロ」(当時はユニーククロージングウェアハウス)もブームで、フリースも流行、原宿店には連日長蛇の列ができていました。(子供ブランドナルミヤ・インターナショナル系の服エンジェルブルーやメゾピアノといったお店の服が流行りました。母や祖母と藤崎デパート(宮城の山形屋)に行くのが楽しみでした。))

平成15年~20年頃:モテ系ファッション(山口:中学生~高校生)
実感なき好景気時代。不況、格差が深刻化したことから、安定志向や結婚願望の高まりが見られたこの頃。婚活ブームが起こり、女性たちの「モテ意識」が強くなったとも言われています。ギャル系ファッションからモテ系ファッション(押切もえさんや蛯原友里さんが所属した雑誌cancamのようなファッション)へと移っていきました。また、「セレブ」という言葉も頻繁にファッション紙などに登場するようになりました。一方で、アウトレットモールブームも起き、入間、私の故郷仙台にも仙台港、仙台泉などのアウトレットモールが次々とオープンしました。

平成21年~現在:ファストファッション
平成20年~21年にかけてのリーマン・ショックの影響、平成23年の東日本大震災ファッションにお金をかけない傾向へ。そして海外の低価格ファッション「ファストファッション」の上陸。ファッションにお金をかけすぎない「プチプラファッション」(H&MやFOREVER21、ZARA、TOPSHOPなど)が男女ともに人気となりました。また、洋服はネットで買う時代にもなり、この頃には「ZOZOTOWN」のグローバルサイト「ZOZOTOWN.com」も開設されました。

 

平成のおよそ30年の間にはバブル時代のゴージャスなファッションから現在流行しているファストファッションのようなものに移り変わって行きました。その時代の経済、流行ファッション、当時のたくおさんと私のファッション史とともに振り返ってきました。経済とファッションについて密接な関係があることもわかりましたし、どんな服を着るかによって気持ちも左右されているような気がしました。世の中の流れを知るため、また、好きな服を着て、自分の気持ちを前向きにするためにも流行には敏感でいたいと思いました。

MBCラジオ『青だよ!たくちゃん!』4/6の青たく テーマは!?前のページ

4/6 山プロ「5月の連休などにオススメの東北!」次のページMBCラジオ『青だよ!たくちゃん!』

関連記事

  1. MBCラジオ『青だよ!たくちゃん!』

    山口プロモーション

    4/14 山プロ「独断と偏見で選ぶおすすめユーチューバー」

    「独断と偏見で選ぶおすすめユーチューバー」世の中で流行っているもの、…

  2. MBCラジオ『青だよ!たくちゃん!』

    山口プロモーション

    2/6山プロ「海苔」

    「海苔」世の中で流行っているもの・話題のことについて紹介している山…

  3. MBCラジオ『青だよ!たくちゃん!』

    山口プロモーション

    5/29山プロ「SDGsを楽しく学ぶことのできる本」

    MBCでは5月30日の「ごみゼロの日」にちなんで、今月24日(月)から…

  4. MBCラジオ『青だよ!たくちゃん!』

    山口プロモーション

    6/29 山プロ「2019年上半期ヒットあれこれ」

    「2019年上半期ヒットあれこれ」きょう2019年6月29日青たく…

  5. MBCラジオ『青だよ!たくちゃん!』

    山口プロモーション

    3/17 山プロ「お花見便利グッズ」

    「お花見便利グッズ」暖かい日が続いていますね。鹿児島の桜も開花し、…

  6. MBCラジオ『青だよ!たくちゃん!』

    山口プロモーション

    3/6 山プロ「東日本大震災から10年 私たちの備え」

    「東日本大震災から10年 私たちの備え」このコーナーは私の山口真奈…

リクエスト&メッセージ

番組では、メッセージやリクエストを募集しています。ハガキ、ファックス、メール、投稿フォームからメッセージをお送りいただけます。お気軽にご参加ください。

ハガキ
〒890-8570 MBCラジオ 「青だよ!たくちゃん!」係

メール
ao@mbc.co.jp

radikoで番組を聴く

パソコンやスマートフォンで無料でラジオが聴けるサービス「radiko」

最新の放送を聴く

公式Twitter

榮德多賀子のおでばい中

「青たく」放送中の午後1時台、午後3時台の計2回、MBCタレント榮德多賀さんが、県内あちこちおでかけして、鹿児島の「あんなコトやこんなコト」を、「あげな調子」でご紹介。

ちなみに・・「おでばい」というのは、かごしま弁で「楽しいおでかけ」の事。

また、おでばいスタッフ と 「投稿写真」係も兼ねているレポーターの平山琴実さんが「おでばい先」から青たくInstagramに画像や、動画をアップしていますよ。こちらも併せてお楽しみください!

バズってかごしま

バズってかごしま

鹿児島のWEBメディア「KAGOSHIMANIAX(カゴシマニアックス)」の管理人「僕氏」こと、中園信吾さんに、ネットの世界で話題になっている「鹿児島の今」をご紹介していただきます。

ホームページ
http://www.kagoshimaniax.com/
Twitter
@Kagoshimaniax

PAGE TOP