たんかん

今週の主役は、春を告げる果物!『たんかん』です☆
たんかんは、2月の立春ごろから収穫が始まります。
今回は、枕崎市の上園さんのハウスに伺いました。そこには、太陽の光をたっぷり浴びた、オレンジ色のたんかんがたわわに実っていました☆たんかんは、収量が多い年(表年)と少ない年(裏年)を、毎年繰り返すのが特徴です。上園さんは、表年と裏年の収量に差が出ないように、適量の実をつけるようにしています。「樹が疲れないように」とおっしゃっていた、上園さんのたんかんへの愛情が伝わってきました♪
皮を剥くと爽やかな香りが広がり、甘さと酸味のバランスが絶妙で、とても美味しかったです☆皆さんもたんかんで、春を感じてみてはいかがですか?♪