縁やつながり、絆に感謝をこめて「LINKS」

今日の城山スズメの歌のお客様は10/10にSUPER EP「LINKS」でメジャーデビューされたMINAMI NiNEのボーカル&ベースのヒロキさんでした。

宮崎弁がでちゃいますよね~

メンバー全員が宮崎出身、ボーカルのヒロキさんとギターのワラビノさんは高校の同級生。高校時代は別々のバンドだったそうですが、上京のタイミングで二人で一緒にメンバーを見つけてバンドを組もうということになったそうです。

東京で暇をしている宮崎出身の人がいるよと紹介されたのが、ひとつ年上のスケロクさん(ドラム)。オリンピックを目指していたレスリングの選手だったそうで、とても強いので怒られないようにしているとか😁

そんなヒロキさん、お話をしているとやっぱり宮崎の言葉がでてきます。

「今ちょっとラジオということもあって、よそ行きでかっこつけている自分がいるんですけど、メンバー3人で移動している車の中とかライブのリハーサル中とかはすごく宮崎弁がでていると思います」と素朴な語り口に采野アナも笑顔に😆

MINAMI NiNEとは

バンドの名前の由来を伺うと、MINAMIは「南」でNiNEは九州の「九」からきているんだそうです。なので鹿児島もMINAMI NiNEに入りますね。

2011年結成、11/1で丸7年で、10/10にメジャーデビュー。

ファーストシングルなどの普通の呼び方は違うなと思われたそうで、すごくいい曲ができたということで SUPER EP「LINKS」と呼んでいるそうです。

国際ボランティア同好会???

高校時代にヒロキさんが部長、ワラビノさんが副部長をつとめていた「国際ボランティア同好会」について伺いました。

同級生が進学や就職を決めていく中、何人かの生徒が集められ先生に急に言われた一言「君達は今日から国際ボランティア同好会だ」

ずっと音楽をしていたヒロキさんたち、なので内申書に書けるような押しの項目がなかったそうで、先生のアイディアで始まった同好会ライフでしたが、ちゃんと活動もされていたそうです。チョコチップクッキーを焼いて文化祭で販売して売り上げを募金する、壁新聞をカラフルにまとめて掲示したり、老人ホームに伺って窓拭きをしたり…。

まじめに活動をされていましたが、強面なヒロキさん、おじいちゃんおばあちゃんにはちょっと怪しまれたりもしていたとか😅

でも、笑うと笑顔がとっても可愛らしいんです!!!そのギャップに笹やんがキュンキュンしていると、照れてしまったヒロキさん、さらに可愛らしくなっていました。

縁やつながり、絆に感謝

SUPER EP「LINKS」は縁やつながり、絆をテーマに作られた作品。

3人だけの力ではバンドを続けるのは難しくて、いろんな方の支えがあって7年続けることができたので、そういった方々に「こんなにいい作品ができたよ」と届けたいという意味を込めたそうです。

何かひとつの出来事でも欠けていたら今日という日がないのではと感じているそうで、すべての出会いや出来事によかったな!と思っているというヒロキさん。

ぜひ、鹿児島ともLINKしていただいて、来年こそはライブでもいらっしゃってください!お待ちしております♪