第二章が始まる。“石崎ひゅーい”さんが放出するプロローグ。

メジャーデビューから6年。ゲストは、石崎ひゅーいさん

第二章が鹿児島から始まる。“石崎ひゅーい”さんが放出するプロローグ。

コレまでに、何回も聞かれているであろう、本名「ひゅーい」の由来は?

「家のガラスに、David Bowieの歌詞が彫ってあるくらい」

ひゅーいさん曰く「信者だ」というほど、David Bowieが大好きなお母さん。
David Bowieと、その息子ゾーイをもじって「ひゅーい」に。

第二章が鹿児島から始まる。“石崎ひゅーい”さんが放出するプロローグ。

音楽を聞き始めたのは小学生の頃。
お母さんの影響でDavid Bowieや、トム・ウェイツ、ビートルズなど洋楽からはじまったという。

そのまま洋楽中心の幼少時代かと思いきや・・・、

初めて買ったCDは篠原涼子さんの「愛しさと切なさと心強さと」。
そこから、小室ファミリー、SPEED、シャ乱QなどJ-POPも聴いていた。

そして、中学生の頃から音楽活動を始めたそう。

普通に生きていたら経験できないことができている6年

デビューしてから「車のボンネットの上で歌う」「海沿いをフンドシ一丁で走る」
など、普通じゃ経験できないことをしてきた。

第二章が鹿児島から始まる。“石崎ひゅーい”さんが放出するプロローグ。

歌だけではなく「俳優」としての一面も普通じゃ経験できないことの一つかもしれない。

うねちゃん「若い頃の松田優作さんに似てますね」
ささやん「端正な顔立ち、雰囲気がいいですね」

その、醸し出す空気から、役者としても声をかけられるひゅーいさん。
俳優として、蒼井優が主演を務める「アズミ・ハルコは行方不明」に出演した。

はじめての演技で、蒼井優さんの相手役。大役だ。

共演した蒼井優さんは「芝居は常に予測不能で、そして面白く、自分の凝り固まったつまらない読解力が恥ずかしくなる程でした。」と絶賛したという。

第二章が鹿児島から始まる。“石崎ひゅーい”さんが放出するプロローグ。

演技の仕事をすると役者さんの持っている空気や佇まい、リズムに感化されるという。
最終的には、そのときの感覚や楽しさが歌に還ってくる。

ささやん「まるで旅行するみたいですね」
新しい場所を旅して、いつもの場所に戻ってくると新鮮な気持ちになってくる 。

演技の仕事には「音楽とは違う刺激がある 」

えぐい終わりが欲しい「ピリオド」は第二章の始まり

ひゅーいさんが、全身を使って歌ってる。
菅田将暉さんが泣いている。
アルバムの中の一曲「ピリオド」のPVは印象的だ。

うねちゃん「全身使ってパフォーマンスされますよね!」

ひゅーいさん「学生時代のハードコアの名残」だそう。

デビューの頃はライブ感覚のレコーディング。
手に、マイクをぐるぐる巻きにして歌ってレコーディングをしたそう。
※いまは音がブレるから少しおとなしくなったとか。

ふんわりと、柔らかな佇まいからは想像がつかない「激しさ」を持ち合わせている、ひゅーいさん。

今回のベストアルバムの話をもらったときに、次へ進むためにあえて「ピリオド」という楽曲を制作したとい。

中学校三年生から音楽を始め、デビューから6年間走り続けて感じたのは、
“「放出」を一回し切った、自分の中が枯渇している”。

第二章が鹿児島から始まる。“石崎ひゅーい”さんが放出するプロローグ。

この「放出」を、うねちゃんは“北風”にたとえていた。

うねちゃん「数年かけて溜まった北極圏の寒気が溢れ出て放出するのが北風。
放出するとしばらく収まり、また溜まりを繰り返す。」

北風と聞くと暗く感じるけど、この放出でまた新しい季節に進むことができる。

第二章が鹿児島から始まる。“石崎ひゅーい”さんが放出するプロローグ。

北風のように力強く聞く人の背中を押し、
全身から絞り出すような声は、聞く人の心を揺さぶる。

石崎ひゅーいの第二章が始まったばかり。
これからも目が離せないアーティストだ。

石崎ひゅーい Official Website

www.ishizakihuwie.com/