鹿児島のスポーツニュースやレポートをご紹介

鶴田選手が実業団選手権で日本一に!

(大会に向けて調整を続ける鶴田選手)

埼玉県で行われた、第68回全日本実業団対抗陸上選手権大会。
大会2日目の9月19日に行われた女子100m決勝で鶴田玲美選手(南九州ファミリーマート所属/鹿児島女子高校卒)が11秒79で優勝しました。
鶴田選手は予選を11秒73のトップタイムで通過すると、向かい風の中で行われた決勝で11秒79で優勝。「勝てたことが、今年最大の目標となった日本選手権に向けてつながります。」と話してくれました。

なお、この大会には県勢も多数出場。
白石黄良々選手(セレスポ所属/出水商業高校出身)は100m決勝で10秒32で2位、200mでは21秒19で3位に入りました。
一山麻緒選手(ワコール所属/出水中央高校出身)は10000mで32分20秒58の4位。
鹿屋体育大学出身の鍋島莉奈選手(JP日本郵政G)は10000mで32分03秒40で優勝、5000mでも8位に入りました。
女子100mハードル決勝に進出した大村美香選手(南国殖産所属/鹿児島南高校卒)は8位。
女子走幅跳に出場した末永成美選手(鹿児島銀行所属/鹿児島女子高校卒)も8位入賞を果たしました。