鹿児島のスポーツニュースやレポートをご紹介

甲子園で後輩たちに残したもの 鹿児島城西

新型コロナの影響で中止となった今年春の「選抜高校野球大会」出場予定校が聖地に集い、各校1試合限定の試合を行う「甲子園交流試合」は8月12日に大会3日目を迎え、鹿児島城西が初めて甲子園の土を踏みました。

高校球児の聖地・阪神甲子園球場で行われたこの試合。
ともに初出場の鹿児島城西と静岡県の加藤学園が対戦しました。

序盤はプロ注目のピッチャー・城西の八方が好投します。3回ウラ2アウト3塁のピンチの場面でも、力のあるストレートを武器に相手を抑え、先制を許しません。この後の4回表に訪れたチャンスで得点できなかった城西。試合は1点を争う接戦となります。

しかし中盤以降、6回に1点、8回に2点を許した城西。
3点を追いかける最終回・9回表に意地を見せます。先頭バッターの4番・八方がレフト前ヒットを放ち、反撃ののろしをあげると、1アウト1塁に代わって代打に送られたのは城西の投手2枚看板を支えて来たキャッチャーの砂川。その砂川がレフト前にタイムリーヒットを放ち1点を返し、3年生が最後の試合、一打席で諦めない姿を見せます。さらに、3年生・代打の上原がヒットで続きます。
しかし後続は続けず、反撃もここまで。

鹿児島城西は1対3で敗れ、甲子園初白星をつかめませんでした。

試合後、古市龍輝キャプテンは「最後の最後に、攻撃で3年生が並ぶ中で、3年生の意地や執念が見せられて良かったと思います。」と、憧れの地で後輩たちに残せたものを話してくれました。